よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/04/27(土) 15:24:31

友人が「最近本当にキラキラネーム増えてきたよね」みたいな話をしておりまして、小学校で教えている彼が言うには、「まるでエロゲーのヒロイン」のような名前の娘が増えたとかなんとか。

個人情報の関係で具体的には教えてもらえなかったので(というか教えてもらってもここでは書けませんけど)、一体何を基準に、名前がエロゲー的と言っているのかよくわかりませんが、「瀬里奈」とか「観鈴」とか、そんな名前なんですかね。あるいは四姉妹で上から、千鶴、梓、楓、初音とか? それなら確かに、エロゲー的です。

まあ私にあわせて「エロゲー的」と言ってくれているのだとしても、フィクションが非現実性を出すためにネタ的に用いていた名前が、現実に進出し始めたというのは、確かにあるのかもしれません。そうすると、あと10年、20年後には、むしろキラキラした名前が一般的になって、今の「普通」の名前は、普通ではなくなっているかも。たとえばいま、花子とかがめっきり減ってしまったように。

そして、教室には「眞流千」(まるち)さんとか「深志亜」(しんしあ)さんとか、「茶奈」(てぃな)さんとか「安慈瑛里華」(あんじぇりか)さんが溢れかえるわけです……なんてワンダフル。キラキラネーム万歳。

しかしそうすると今度は、現実的になってしまったエロゲーの側は立つ瀬がないわけで。どうするんでしょうね。「普通」の名前に戻すのでしょうか。

なんていう、超どうでもいいことを話して今日の午後は過ぎてゆきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「エロゲー的なものは現実的である?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『俺のAIR Novelがそんなに難しいわけがない』を読んだ話 (2013/01/03)
どう見てもエイリアンの話 (2012/08/06)
アイテムの絵の話 (2013/05/27)
コメントの編集
秘密にする

トラックバック
トラックバックURLはこちら