よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/12/10(火) 21:43:38

今日、お昼ごろ南北線に乗っていたら、駒込あたりで電車の中を走り回っている小学生がおり、それにお年寄りが半ギレになって注意する、という場面を見かけました。

親の教育がどうとかいう話をするつもりはないんですが、まあこの場合、子どもの方がかわいそうだよなぁと思う。本来そういう場面で「叱る」のって、親が良いんじゃないかなぁ。もしくは、兄弟とか。これは、社会的に親の責任がどうとかではなく、子どもにとって、という意味です。

私が子どもだったころを振り返ると、特に母親にめっちゃ叱られたんですが、母親に叱られるというのは最大の恐怖であると同時に、「いつか必ず許してもらえる」という妙な安心感も、どこかであったような気がします。もちろんそれは、うちの親が何度も私を叱り、何度も許す中で作り上げたものだったわけですが、「赤の他人」や「ちょっとした知り合い」だとそうはいかない。叱られたら叱られっぱなしで、許されたかどうか、はっきりと分からない場合がほとんどです。

そして、その「許し」が与えられないということは、子どもだった私には、かなり負担でした。それは私の性格的な問題なのかもしれません。統計的なデータがあるわけではありませんから。でも、私のようなちょっと内向的な人にとっては、叱られたけど許されなかったというのは、いつまでも引きずる悩みになってもおかしくないと思うのです。

だからこそ、子どもを叱るというのは親しい人、それもいつも身近にいて必ず「許し」を味わわざるをえないような人が率先してやるのが良いんじゃないかな。そんなことを常々考えています。

もちろん、最近はDVだなんだで「許し」を与えるどころかエスカレートして虐待までいっちゃったりするパターンもあるので、一概に身内万歳とは言いませんけれども、向き不向きというのはあるだろうと。

こういうのって大人になってからも同じで、誰かに注意されるのとかって、なんだかんだで立場とかのしがらみがあるわけじゃないですか。そういうのを抜きに、言いたいことを言って、でもお互いの関係が切れないという信頼が成り立っている間にある人が「叱る」のが向いているし、逆にいえばそういう間柄の人(親友でも家族でも、あるいは恋人でも)がいるというのはとても幸せなこと。

今回の子どもたちの場合、親がいなかったから仕方ないといえば仕方ないんですが、彼らの心に澱が残らないことを祈るばかりです。また、叱る方も、彼らに「許し」を与えることができないというのを念頭に、叱り方を考えても良いのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「叱るのもやさしさ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
三国志やってた話 (2012/04/25)
グルメの条件 (2012/12/03)
図書館飲食戦争 (2013/05/08)

2013/12/03(火) 19:55:23

このところ、時間が無くてあまりツイッターで発言とかできなくなってしまっているのですが、それでも何か、1日か2日にひとことふたこと、どんなしょうもないことでもいいからとりあえず書いておこうか……みたいな気持ちになります。

別に誰の反応が無くても良いんですけど、まったく発言をしないと、ツイッターという場から自分の存在が希薄になって、消えてしまうような、そんな強迫観念に駆られる。誰かが「この人最近つぶやいてたっけ?」と、私の発言の履歴を追った時に、数日なり数週間なり発言が無かったら、「いなくなったのかな?」と思われるかもしれません。

それが嫌というよりは、「私はいますよ」というアピールのような感じで、とりあえず何か書く。そんな感じ。

考えてみるとこれは不思議な話で、ネット上の「存在」って、発信をしなければ気づかれないんですよね。身体をもった現実の私たちは、ただそこに「在る」だけで、一応は存在が認識されます。あるいは、ただいるだけでおのずから何かを発信していると言っても良いのかもしれません。少なくとも目の前にいる人が無言だからといって「消えた」とは誰も思わないでしょうし、遠くはなれていても、数年連絡をとっていなかった人と久しぶりに連絡をとりあう、ということはザラにある。

でも、数年放置されていたブログがいきなり開始されたり、数年何もつぶやかなかったツイッターアカウントがいきなりポストをしはじめたら、たぶん「使者が蘇った」くらいの驚きをもって迎えられることもあるのではないでしょうか。

どちらが良いとか悪いとか言う話ではなく、特性としてネット上の存在(人格、と言うべきでしょうか?)というのは身体から切れている。そのことが、私にとっては何か、存在の自明性を決定的なかたちで疑わしいものにしているのだと思います。

デカルトのコギトではありませんが、あるいはこれが、身体から乖離した近代的自我の、ひとつの典型的な形なのでしょうか? だとすれば、近代的自我にリアリティが足りないという批判は――つまり、身体こそがわれわれの現実であって、デカルト的「われ」などというのは空想の産物にすぎないという批判は、既に力を失っているのかもしれません。なぜなら、そんな「われ」が存在し、活動し、形成している社会が現にあるのですから。

そんな「われ」にそもそも実感を感じるのがおかしいという話はまあ、ありえそうですけど、それはもはや立場の決め打ちというか、宗教戦争一歩手前の信仰砲の撃ち合いでしかないでしょうし。

まあそんなこんなで、特に意味もない、誰に向けるでもない発言をぽつぽつするような日々が、しばらくは続くかもしれませんとか、だいたいそんな話でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「そんざいのふあん。」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スマホのキーボードを買った話 (2012/08/07)
忙しさと充実 (2013/07/01)
叱るのもやさしさ (2013/12/10)

2013/12/02(月) 21:57:20

すっかり忘れていたのですが、賃貸住宅の契約更新の時期。

狭いけれど立地が良いせいでそこそこお高い家賃なので、財布に予想外のダメージが直撃。結構往生しています。参ったなぁ……。

正直「更新料」制度というのはなくなってほしいところなのですが、裁判の結果とかを見ている限り白とも黒ともつかぬ微妙なラインで争われているようで、大家さんや不動産屋さんとの関係悪化の面倒臭さを考えると、払う払わないでゴネゴネしたくはないところ。

交渉して家賃を安くしたとか、あるいは更新料をなしにしたというような話も時々耳にしますが、やっぱり私はなかなか思い切った動きができません。チキンです。見ず知らずの店員さんに値下げ交渉とかならできるんですけど(笑)。

いまの生活環境は気に入っているし、もうかれこれ8年くらい住んでいて近所づきあいとかもあるし、仕方ないので払うしかないか。うーん。色々と困りました。まあ何とかやりくりするしかない。ボーナス考えてもいろいろキツイです。まさか宝くじやって増やすわけにもいきませんし、どうしたものかなぁ。

12月は購入エロゲーが少ないことだけが救いです。お祭りがあるけど(´・ω・`)。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

「思わぬ出費」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
グルメの条件 (2012/12/03)
そりゃないわー! という話 (2012/06/05)
明石焼きを食べてきた話 (2012/08/08)

2013/11/26(火) 22:59:21

昨日あたりから、DTIブログの反応がにぶすぎるというか、ぶっちゃけ全くつながらない状況が続き……。保存したはずの長文が吹っ飛んだりして、結構萎えています。

もうすぐサービス終了ということで「仕方がない」のかもしれませんが、むしろだからこそ、最後はきちんとやってほしいなぁと思う。お世話になった場所への義理立てというわけでもないのですが、名残惜しさもあって最後まで更新をし続けて「終わり」を迎えるつもりだったのに、これではその意欲もとんでいってしまいそうです。

今日も、更新しようとして三回タイムアウト。一度クリックするごとに2分くらいかからないと表示されません。

まあ、さっさと乗り換えろってことなんでしょうかね……。しょんぼり。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「潮時」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
図書館飲食戦争 (2013/05/08)
言い方ひとつの難しさ (2012/10/22)
小旅行 (2012/01/29)

2013/11/19(火) 23:07:29

今日はそのことをなさんと思えど、あらぬいそぎまず出で来て……という有名なやつがありますが、今日の私はそんな感じ。ぶっちゃけ、予想外の仕事があれやこれや起こって、まだ帰れない。帰れる気配もない。

さりとて仕事があるわけでもなく、ただいるだけ。まぢで意味ゎかんない。もう無理。

あれこれやろうと思ってたんだけどな。今日やれることは明日やる、の精神で痛い目に。やるべきことは、さっさとやらんとあきませんわ。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

「思うようには」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
お酒を呑まなくなった話 (2013/06/03)
作業中の惨劇 (2012/08/03)
コミケ(C85)当選しました。 (2013/11/02)

2013/11/16(土) 21:04:50

昨日、某インフラ系会社に勤めている友人と話をしていました。私がまだエロゲーをしているということを言うと、彼は、「まだやってんのか。いい年して」みたいなことをのたまった。

まあ彼は割りと僻地のほうに勤務で、給料は凄く良いけどお金を使うところがないから……とか言ってノリで車買っちゃったり、家建てちゃったりしてるから、私より「現実」に適応しているのだと思います。一般的には。

ただ、私もエロゲーをバカにされて黙っているわけにはまいりませんので、「私はエロゲーから大切なことを学んだのだ」ということを力説いたしました。

エロゲーをやり続けるには、さまざまな「力」を使わねばなりません。まず体力。次に忍耐力(根気)。あと、集中力、やる気(モチベーション)を維持する力。忍耐力もでしょうか。おっと忘れていました。それと、情報収集力。これが超大事ですね。

他人の大きな失敗を前にしても動じない冷静さや寛容さも求められる一方、ここぞという時にはしっかりと問題を指摘する批判能力、突発的なイベントに対応するための行動力も必要。

どれも、社会で活躍するのに不可欠な力ではありませんか。エロゲーは私に、こうしたことを教えてくれたのです。ビバ・エロゲー!

というわけで、「ぼくのたいせつなもの」はエロゲーの中にあったんだよ、という話を切々と語ったのですが、残念ながら彼にとってはあまりおもしろい話ではなかったようで、15分後くらいには田中マーくんの話になってしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「たいせつなことはエロゲーから学んだ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブログを続けていくために (2012/06/04)
ライブに当選したでござる、の巻 (2013/01/20)
叱るのもやさしさ (2013/12/10)

2013/11/12(火) 23:03:33

私は寝起きが悪く、目覚ましをかけても無意識のうちに止めてしまい、いつも起きるのがギリギリになったり、最悪起きるべき時間に起きられず、バタバタになるということがよくあります。

一度「ものすごい音がでる目覚まし時計」とかも買ってみたんですが、正直余り効果がなく……。

考えてみれば「起きない」のが問題というより「止めてしまう」のが問題なので、音が大きいやつより止めにくいやつのほうがいいんじゃないかということで、タブレットPCを目覚ましに使うことにしました。

最近のタブレットPCはなかなか高性能で、スヌーズ(一定時間で再アラームを鳴らす)機能がついているのはもちろん、一定の操作をしないと目覚ましを解除できない、というような仕掛けがついていたりもします。私は、ロック画面解除と同じように指を動かさないと目覚まし解除されないようにしてみたのですが……。

不思議なことに、朝起きると目覚ましが止まっていました。あまりのうるささに隣の部屋の住人が侵入したか、私の部屋にアリエッティがいるのでなければ、自分で止めたことになります。2、3日試してみましたがやはり同じ。どうやら本当に自力で解除しているらしい。

そこから考えるに、寝ている状態で目覚ましを止めているというよりは、一旦起きてはいるんでしょうね。ただ、目覚めたばかりの前後不覚の状況で再度眠りにつくせいで、その間の記憶を失っているというか。無意識で複雑な操作をしているというよりは、意識的に動くけれど覚えていない、というほうが適切な気がします。

そういえば学生時代、授業中居眠りしそうになって必死に耐えていると、その瞬間瞬間はいろんなことを聞いて覚えたり書いたりしたつもりでも、目が覚めると何一つ頭に残っていないとかっていうことよくありました。あんな感じなのではないかなと。

だから、音の大きな目覚まし時計が効果的なのも、その起きた一瞬の間にインパクトをあたえて、きっちり目がさめるような馬鹿でかい音を鳴らすと「ちゃんと」目が覚める人が多いということなのかもしれません。

ってなことを確認するために、一度自分ベッドの周りにカメラをしかけて、どんな風に目覚ましを止めているのかチェックしてみたいなあ(笑)。ものすごい寝言とか言ってたりすると恥ずかしいですけど……。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「目覚まし時計の不思議」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
潮時 (2013/11/26)
雨に降られて 〜傘を持っていく降水確率〜 (2013/05/16)
自由な思考 (2013/08/02)

2013/11/09(土) 21:33:09

PCのパーツは相性保証が効くけれど、人間関係は相性悪くても取り替えてくれないから困りますね〜……。しかも、ちょっとしたきっかけで突然相性問題勃発する場合もあるし。

とりあえず、そこそこうまく回ってるところへ、スペック高いけど扱いの難しいグラフィックボードみたいな人を投入するのは勘弁していただきたいです。

胃が痛い。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「相性保証」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
WA2アンコールライブに落ちました。 (2013/03/09)
ブログを続けていくために (2012/06/04)
買い物上手と銭失い (2012/10/16)

2013/11/05(火) 16:38:57

職場の先輩(30代男性)が、11月から育休をとることになりました。

男性の育休というのはあまり耳にしませんが、男女の機会均等などを推進する流れのなかで認められるようになってきたやつですね。

ただ、職場の空気は悪い。ものすごく悪い。結構忙しくなりつつある中の戦線離脱ということもあって、「奥さんに任せたら良いのに」とか、「仕事から逃げる口実だよね」といったひそひそ話が聞こえてきます。それも、女性でそういうこと言っちゃってる人がいる。

こりゃあかんなあと思いました。

男女平等というのは女性の就業率をあげるだけではなく、女性にとって暮らしやすい社会をつくるのが目的でありますし、そうすることで最終的には子どもを作りやすい社会を作って少子高齢化に備えようという側面もあるわけです。

育休を男性がとれるようにするというのはですから、女性が働きやすい、そして家庭が育児をしやすい環境をつくるものであるはずだし、積極的に応援したいところなんですけど、こういう細かいところでも、なかなか社会の「常識」というのは破るのが難しいようで。本当は別に良いんじゃないかな〜とか思っていても、力のある人が大きな声で「ダメだ」と言えば、みんなそれに引っ張られてしまう。

逆に、声の大きなところが改革をグイグイ進めると、みんなついてくる時もあります。

たとえば昔は、マスクをしていたら相手に失礼だみたいなことも言われていました。今となってはむしろ、風邪や花粉症のシーズンにはマスク推奨みたいになった。これは、マスコミの力が大きかったと思う。クールビズは、官公庁をはじめ公的機関が旗を振って進めたせいで大企業が追随し、それにともなって隅々まで浸透した印象。

なんでもかんでも上意下達の日本人というのはどうなの、みたいな話もできそうですが、とりあえず必要なことについては上の方から強引に実践してみせるのも1つの手段でしょう。

国や大手企業からどんどん育休なり有給休暇なりをとる人が増えれば、早く定着するんじゃないかなと思うので、その辺ガンガン頑張って欲しいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「育休」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
そりゃないわー! という話 (2012/06/05)
思うようには (2013/11/19)
WA2アンコールライブに落ちました。 (2013/03/09)

2013/11/02(土) 10:07:09

申し込みをしていたC85(冬コミ)に当選しました。
私を含む数名のサークルで参加します。

一応告知用HPとか作っているのですが、まだイマイチ公開する情報とかがすり合わせられていないので、場所と日にちのみこっちで告知。さすがに2度目ですので、ちょっと宣伝ぽいこともしておきます(笑)。これでハンパなものはつくれなくなったぞ〜……。

参加日 : 火曜(12月31日)
スペース: 東地区“ヨ”ブロック−04b

です。頒布物は、「E-LOGOS」のVol.2(たぶん)。

今回は、原稿より編集とかそっちのほうメインになるかもしれません。一応、何か書くつもりではおりますが……。あと、一部委託品とかも持っていくかも。

いやー、評論系なので通るとは思っていたんですが、いざ通ってみるとサークルとしても個人としても、いろいろとやることが増えて大変ですね。受かったのは嬉しいような、しんどいような、複雑な気分です。まあどのみち31日は参戦予定でしたので、やることができたのは良かったかな。楽しみなのは間違いないです。

あ、前回午前だけでなくなっちゃったVol.1も、少しだけ持っていきます。

ともあれそんな感じですので、よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「コミケ(C85)当選しました。」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
思うようには (2013/11/19)
私だって怒ってみたい (2013/04/02)
快眠 (2013/07/05)