よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/10/07(日) 00:07:31

ロケットニュースさんに掲載されていた、こちらの記事

ネタかもしれないと理解しつつ、読んで思わず笑ってしまいました。父親にAVをプレゼント……。ほほえましい、良い話じゃないですか。
「父さん、もしかしてこんなものを見てるの?」僕の心は締めつけられそうでした。だって、僕を育てるために長年どんな苦労もいとわなかった父が、まさかこんなひどいAVで我慢していたなんて……(後略)。

うう……なんて泣ける話なんだ!! 何気にパパのほうも良い人ですよね。子どものプレゼントをちゃんと貰って大事に使うんですから。しかしアレです。いまの日本はエロゲー社会。これから先、エロゲーで育った世代が親になっていく。ということは、息子に発見されるのはエロゲーかもしれない。もしくはアニメ。

そんなわけで、将来子どもに見つかっても恥ずかしくないエロゲーを買うようにしようと心に誓ったのでした。『へんし〜ん!!! 〜パンツになってクンクンペロペロ〜』とか『信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて…』とか、見つかったらへんたいなことになりますぞ。とりあえずMiel系のブツは厳重にしまっておいたほうが良さそうです。奥さん体育の先生とかで『もしも水泳部顧問の妻がデカパイ肉オナホとして裏サイトで晒されていたら』あたり持っているのが子どもに見られたら、いろいろ立ち直れない気がする。

では本日はこの辺で。紳士諸君もゆめお気を付け下さい。

…………
………
……


おっと、こんな所に『痴漢者トーマス』が。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「もしもそれがエロゲーならば。」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
情報ソースは案外気にされないという話 (2012/09/02)
ラブライフアドバイザー (2013/12/05)
歌う人たち (2013/03/06)