よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/10/24(水) 21:15:30

昨日ものすごい雨に降られたという話をしましたが、当然そうなると、私の靴は水浸しになってしまった。革製品がどうのこうの言っていたこともあるので、本日はそんな時のメンテナンスの話をちょこっと。といっても、私が親戚の靴屋店員(いとこが○○○マートで働いているので……)から聞いた+ネットで調べた内容を紹介するだけなので専門的な話ではありませんが、それだけに素人でも簡単にできて、しかも効果が分かりやすい内容にするつもりです。

まず当り前の話、靴は水にぬれると傷みます。これは革靴だろうが布だろうがスエードだろうが一緒。ゴムは……知りません。ごめんなさい。たぶん他のと比べれば全然大丈夫じゃないでしょうか(適当)。

とりあえず、濡れた靴は拭く。表面の水分を取り払いましょう。いきなり乾かしに入る人がいますが、これは汚れなんかが付着するので(特に革の場合)あんまり良くないそうです。ただ、ゴシゴシこするのも傷がつきやすくなっているからダメだそうで、まあ丁寧に浮いている水分を落とすということなのでしょう。

拭いて、ついでに汚れを落としたら、次は乾かす。伝統的なのは新聞紙ですね。新聞紙を細かくちぎって、つま先の方に詰めていく。この時力を入れすぎない(型崩れする)ように注意。その後は、つま先が下になるように壁にでもたてかけてやればほとんど終わり。たぶん10分もかかりません。あっという間でした。新聞紙なんか家にねーよという人は、藁半紙とかでも問題ない(要は水を吸えばいいので)そうです。

気をつけることとして、ドライヤーなんかは出来れば避けた方が良い。熱はやはり、変形の原因になるのと、奥の繊維まで乾かないので生乾きになってよろしくないのだとか。ついでに日向で干すのもダメ。特に革はひび割れの原因になるので絶対だめということでした。

あとは、出来れば乾いた後で防水スプレーをかける。防水加工の靴でも濡れるたびにその威力は弱まるので、振っておくとより長もちするそうです。

うん、簡単ですね。プロい人は革靴にクリーム塗りこんだりもするんでしょうけど、私はそこまでしないといけないようなお高い靴はあんまりないので、滅多にしません。全部やってたら、靴よりクリーム代のが高くつきそうだし……。

ともかく放置が絶対NG。あっという間に靴がお釈迦になるので、めんどくさがらずにぜひ雨のあとのひと手間を。

それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「雨の日の後の靴」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ロリと師匠 (2013/11/20)
記念だし。 (2013/12/09)
ガチャまじこわい (2013/04/04)