よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/11/30(金) 20:47:28

『ウィッチーズガーデン』のサイン会に何とか抽選通って参加することができました。正直舐めてました。1次がだいたい倍率5倍弱。3次も4倍弱と、相当きつかったです。調子に乗りすぎてあり得ない散財とかしてしまったので、その話はまた後日書こうと思います……。

とりあえず1次、2次とダメで3次にようやく当選しましたという。同じゲームをこんなに買ったの初めてです……と言いたいところですが、『WA2』のほうが買った本数は多かったか。ハハハこやつめ……。でもゲットできて良かったOTL。やっぱり紆余曲折あっても、物語はハッピーエンドが良いですね。最高です。バッドエンドだったらマジ笑えない。

……ふと我に返って思ったんですが、私そこまでういんどみるさん好きだったっけ? いや、好きだったよな! 大好き!!

こ〜ちゃ先生サイン
頂いたサインです。こ〜ちゃ先生、ありがとうございました(。・x・)ゝ!

というわけで、本日は気力を使い果たしたのでこれで。

抜きゲーいっぱい買ったのにやる元気がおきない!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

「こ〜ちゃ先生のサイン会に行けた話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『痕』って3本あるけどどれやろうか、という話 (2013/08/14)
凌辱の秋、触手の秋 (2012/09/05)
2013年2月のエロゲー祭りPart2 (2013/02/28)

2012/11/29(木) 11:56:00

大犯盛パケ
タイトル:『大犯盛 〜痴態を曝け出した人妻たち〜』 (SYOKU/2012年11月22日)
原画:川合正起
シナリオ:すくわっと@
公式:『大犯盛』 OHP (※リンク先18禁)
定価:4400円
評価:C (A〜F)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

関連:「検討:『大犯盛』」(2012年11月6日)

関連:「体験版レビュー:『大犯盛』」(2012年11月8日)

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
ギリギリB届かずくらい。ノルちゃんの中の人交替ご祝儀……というわけではなく、私が人妻にそんなにこだわりがないので、やや点数が上がっています。逆に、人妻に並々ならぬこだわりがある場合は下手すると1ランク下がるかもしれません。なんせ人妻らしさがあんまり具体的には出てきませんので。設定を脳内補完できる人にはそれでも構わないのでしょうが、このテの「企画モノ」にしては珍しく、基本属性薄い方が楽しめそう。

原因はおそらく、乃々果のありすぎる存在感と、ボリュームに対してキャラ5という比率。どうしても1人1人のキャラをじっくりたっぷり舐るわけにはいきませんし、そうなると一番出番の多い乃々果がますます目立ってきて、イタズラJKと楽しく遊ぶゲーム、みたいな感じになるのは多少仕方がなかったのかもしれません。

とはいえそう言う「企画モノ」としての部分を取っ払うとなかなか面白い構成で、何と言えばいいか、古き良きコンビドラマのコミカルさと、小悪魔じみた女の子にふりまわされるオッサンものの楽しさがうまいこと合わさったような感じになっていました。もうちょっとこの辺つきつめていれば、私的には大満足でした。

あ、エロ良かったです。唯花さんホンマにチョロくて最高や……。

▼雑感
とにかく楽しい作風だったのが素晴らしい。バッドEDは全部逮捕で身も蓋もないんですが、基本路線は軽快なノリで終始ニヤニヤ。

柚美さんがゴーヤ握ってる時点で何となく想像はついていましたが、思っていたよりずっとコメディタッチでした。特に乃々果ちゃんのおかーさん、百合美さんはほぼ完全にギャグ枠。行動やセリフがいちいち面白くて目が離せません。30過ぎて元同級生を「亨くん」って呼んじゃったり、いやあ、若いなあ。あと何気に娘思いなのもポイント高し。

暴走チョロQの唯花さんは四十路手前とは思えない可愛らしさ。この二人だけでご飯三杯くらいいけます。

緑のメガネちゃんは、何というかすみませんっていう感じでした。曰くロリ枠らしいですが、あんまりロリにも見えないし、なんか天然系だし……つかみ所がないというよりそもそもつかめないキャラってどうも苦手なんですよね。

柚美さんは割と期待通り。バナナ挿して迫り始めた時はどうしようかと思いましたが、何か割と萌え系目指してコケた感があり。カマトトぶってる感じも全然しないから根っからのいい人なんでしょうけどね〜。言ったら悪いけど地味です。一応ハーレムルートの最後の方で見せ場が来るんで、ファンのかたはお楽しみに。

なお、柚美以外は一応アヘ顔が1回ずつくらいありました。そんなに派手でもないので大丈夫だとは思いますが、アヘ顔がちょっとでもあったら萎える、という人もいらっしゃるので念のため。逆に、アヘ顔でアヘアヘしてくれないと満足できない、という人にはいささか物足りないかも。

投稿感想にも書きましたが、非常にバランスが良い作品だと思います。が、飛び抜けた要素が無いのも事実で、やはりその辺がネックかなあ。「どうしてもこの作品じゃないと……」という要素が薄い。バランス型に能力値振ったせいで器用貧乏になってかえって使いづらくなったRPGのキャラみたいな印象をうけました。

11月22日(「いい夫婦の日」)に発売っていうのは狙ったのかどうなのか……マスターアップCGには書いてありましたが、たぶん偶然ですよね!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「レビュー:『大犯盛』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ホワイトアルバム2 WHITE ALBUM 2 Closing Chapter を振り返り (2012/01/05)
レビュー:『姉と俺はナカがいい』 (2012/06/27)
レビュー:『天色*アイルノーツ』 (2013/08/03)

2012/11/28(水) 22:14:33

2012年12月21日にeufonieさんから発売予定の新作エロゲー『恋剣乙女』。現在、予約者向けに「Hなクリアファイル」が配布されているのは以前の記事で申し上げましたが……。

前回申し上げなかったのですが、裏面もエロい。ちょっと撮影してみました。

恋剣ファイル
裏面。黒い四角形でマスクした部分がQRコードになっています。

見てくださいよこれ。あのですね、わたくし、これを考えた人はマジで天才じゃないかと思うんですよ。

想像してみてください。

QRコードを読み取るために、ケータイのカメラで、おにゃのこの股間をどアップにするドキドキ感。犯罪的というかほとんど犯罪です。ヤベー。エロのにおいがぷんぷんするぜーッ!

QRコードはデジタルコンテンツへのアクセス権があるので撮影とはいえ素で掲載するのは控えておきますが、塗りつぶせば平気だろうと思うのでもうちょっとアップにしてみましょう。

アップ01
ほら。

アップ02
ほら、ほら!

どうよ。どうですか。下手なお宝マークとかモザイクより、なんかエロい感じがしませんか? え、気のせいですか。そうですか(´・ω・`)。でもいいんです。私はなんかもう凄く満足したので……。

QRコードはエロい。これが本日の教訓でした。

作品の紹介を全くしていませんが、『恋剣乙女』は2012年12月21日発売予定! 恋する力で目を覚ます、最強主人公が厨二病の面白そうな作品です。……ぶっちゃけ細かいことがどうこうよりエロに力入ってそうなので凄く楽しみ。

体験版も出ているのでそのうちレポートするかもしれません。

それでは、この辺で。また明日〜。

『恋剣乙女』応援中です!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「扇情のQRコード」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
キャララ!!の話:その1(2012年9月21日開催) (2012/09/23)
新作の引き取りはソフマップ1号店のほうが良い話 (2012/05/25)
巨乳ファンタジーの話 (2012/06/10)

2012/11/27(火) 23:06:22

欲情トマランナーズ
タイトル:『欲情トマランナーズ』(softhouse-seal/2012年11月22日)※パッケ版11月30日
原画:あきのしん
シナリオ:真珠界、坂元星日
公式:『欲情トマランナーズ』 OHP
定価:2000円
評価:E(A〜E)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
ネタゲーとして見てもEです。というのは、Hシーンが普通に良いから。友人が「これなら普通にADVにしてほしかった」とこぼしていましたが、私もそう思います。結構抜けるHシーンにどうしようもないゲームとやっつけシナリオをひっつけたことによって余計哀愁が高まっているという見方もできますが、その点いくとゲームがクソ、挙げ句の果てにHシーン無しだった『くのいちがイク!』のほうが徹底していた。あれのインパクトを上回ることができませんでした。上回られても困りますが。

正直sealファンとしては美味しいネタでした。2000円(DL販売なのでもうちょっと安い)でこれだけ長時間楽しめて、笑えて、しかも感想のネタになってくれるんですからお買い得。下手に映画見に行くより断然コスパが良いと思います。後には草一本のこりませんが。また何だってこんな作品ができあがったんでしょうね。それが最大の疑問。

ある程度敵を作るのを覚悟の上でいえば、この手の見えてる地雷を踏んづけて怒るようじゃまだまだという気もする。笑って済ます方が生産的かなぁという。自分の想像を絶する作品に遭遇したら、とりあえず理解ある身近な人(ネットでも良いので)に勧めてみて、被害者同士お互いにげらげら笑いながら作品の話に花を咲かせるのが、きっと楽しい対処法。フルプライスだったら私もこんなこと言いませんけど、このお値段ですからまだ何とか……。

▼雑感
もはや何をかいわんや。

言いたいことは全部言ったので、長文感想見てください。以上。

あ、でも唯一心残りは、『〜淫蟲 和伝 怪蠱録〜』の感想で使った『走れメロス』パロディの一言感想を、むしろこっちで使いたかったということでしょうか。sealさん、こういうの出すなら是非次からは早めに教えてください。お願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「レビュー:『欲情トマランナーズ』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レビュー:『セーエキ!ぶっかけ牧場! 〜お汁いっぱい、精霊達をHに飼イク!〜』 (2012/02/24)
レビュー:『おれつま! 〜オレがマンション管理人になったら人妻たちとちょっとイイコトできちゃうかも!?〜』 (2012/10/01)
レビュー+攻略:『兄妹秘哀 〜イヤなのに、カンじちゃう〜』 (2012/03/08)

2012/11/26(月) 16:05:07

痴漢のライセンスパケ絵
タイトル:『痴漢のライセンス』(C:drive/2012年11月22日)
原画:皇裕介
シナリオ:はまむらとしきり、草加直人
公式:『痴漢のライセンス』 OHP
定価:8800円
評価:D(A〜E)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
うーん、まあぶっちゃけ多少予想はしていたけれど残念賞です。Cドラさん系列はホントに私と相性悪いナー。『理』の時に思ったはずなんですけどねぇ。

みどころとしては黒虹さんとC:driveさんの合同企画であるということ、あとはやっぱり豪華な声優陣。なんせ、一色ヒカル、かわしまりの、乃嶋架菜を起用した痴漢ゲーですから、それだけで飛びつく人がいてもおかしくない。つか、ぶっちゃけどうしてこれで痴漢ゲーにしたのか……。ある意味果敢なアタックと言えなくもないんでしょうが、ギャグにもシリアスにも振り切れることができず、いかにも中途半端な内容でした。トータルとしてシュールなギャグになっていると言われれば、そうかもしれません。

ネタと割り切れば楽しめないこともないのでギリギリ及第点にしましたが、あんまりお薦めはできないかな……。アニメがあるようですし(既に第一話が出ている)、そっちのほうに期待しましょうかね。

▼雑感
あおいが本当は車掌だったのに運転士になっちゃった話なんかを前回紹介時にしましたが、結構そういう「粗」が出ていたかもしれません。発売延期もあったし、色々バタバタしたのでしょうか。

投稿した長文感想のほうにも書きましたが、Hシーンは個人的には全然ダメ。尺短い、シチュが工夫無い、描写が淡泊と正直あんまりいいとこ無し。体験版くらいの長さのHがちょっとずつ入る感じです。

ちなみに、「痴漢だけに「さわり」のシーンで終わらなくても……」と書こうかと思ったのだけど、「さわり」というのは「最初の部分」の意味ではなくて「ものごとの要点」というのが正しい意味だそうで、泣く泣くしょうもないギャグを1つあきらめたのはここだけの話。

あと、これはスタッフの方がおっしゃっていたのですが、「LICENSE」はアメリカ。「LICENCE」はイギリス系の表記だそうです。へー。Wikipedia先生もそう言ってますね。ちなみに、こちらのサイト(英語)によると、「We use both forms in British English – one is a verb (doing word) and the other a noun (thing).」(俺たちイギリス仁はどっちも使うけど、動詞はlicense。名詞がlicenceなんだぜ)ということだそうです。

気になる人はDL版で1話だけとかでも良いと思います。電車モノの痴漢ゲーとしてオリジナリティがあるのは、まさかの走行中に運転士を凌辱するあおい編ですが、ストーリー的に色んな意味で面白いのは貴子編。ほむら編は選択肢も少なく、ちょっぴり残念なデキでした。

つるペタ好きの人には乙女があうのかもしれませんが、かなり短いので期待し過ぎるとアウト。でも言葉遣い含めて可愛かったのは彼女かな。お姉ちゃんと会ったときの最後の一言もなかなかよかったです。あれだけの目にあって、コメントそれかよっていう(笑)。

面白くなりそうな要素はいっぱいあったんですが、残念でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「レビュー:『痴漢のライセンス』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
それなんてエロゲ(BADEND) (2013/08/19)
レビュー:『大図書館の羊飼い』 (2013/02/17)
レビュー:『LOVELY×C∧TION APPEND LIFE/MARCH』 (2012/03/28)

2012/11/25(日) 20:26:23

私の周囲では一気に熱が高まっている『ガクトゥーン』のサポーターサイト企画に参加してきました。本日18時までだったので、駆け込みです。10分前くらいに登録しました。

『ガクトゥーン』はゆず茶さんが素敵な記事で紹介しておられるので、特に私から言うことも無いのですが……。しかしネオンの乳袋は凄いですね! ロマンが詰まってますね!!

ちょっと気になっているのは、「この企画参加でしか見られない特典・ミニノベル付きの書き下ろしイラスト」という特典。ちなみに毎度おなじみツイッターキャンペーンのほうもあり、こちらの特典はツイッター小説ということでした。

どういう内容か気になります!! すごい楽しみ。ノベル系の書き下ろし特典って豪華ですよねー。ワクワクが止まらない。

ただ、『WHITE ALBUM2』の時もちょっと思ったのですが、結構がっつりストーリーに絡んでくるストーリーだったらどうしようかなあという。そういうのが「限定」なのって結構微妙だと個人的には思っています。

「後から手に入らない」形式って、現在進行形のファンからするとそのレアリティが嬉しいかもしれないけれど、作品としては凄く勿体ない気もする。そのストーリーを知っている人と知らない人とで理解に凄い差が出てしまって、一部の限られた人だけが他の「知らない人」を閉め出すということになってほしくはない。

雑誌の付録でついていて、誰でも手に入れられるけれど「手に入りづらい」だけなら仕方ないのですが、それだけではなくて、こういう提供の仕方の場合、「後から絶対に見れない」のが前提されているのが難しいところだと思います。つまり、後発のファンがそのネタに触れることが許されない空気ができてしまうのではないかな、と。誰かに横流しは禁止ということになっていますし(まあ当然ですけどね)、後になってこの作品を知った人が凄く感銘をうけて、中にもっと深く入りたい……と思っても、「リアルタイムで知っていた人しかダメ」と門前払いされてしまう。

こういう構造は、よく研究の分野なんかでもありますが、不毛だなぁと思います。そして実際、その分野は全然豊かな研究にならない。

もち、特典の内容が「限られた人」への感謝であることを考えたら凄い充実したものであるのは喜ばしいことなんですが、グッズにしろ何にしろそれが同じく作品を楽しむ人たちの間で階級を形成し、他人を閉め出すきっかけとかになったら残念だなぁと思う。難しや。

その点でいえば、『WA2』の特典はデジタルデータでゲームに同封されているので全員読め、「特典」はハードカバーの「本」が手に入るという形になっていて、よくできていたなぁと思います。あと、ソフマップ特典(ピロートークCD)を全体公開したのは英断だったと個人的には。まああれは、別に聞いたから理解が深まるとかそう言うことはないですけどね。加えて、ソフマップで予約した人からするとなんじゃそりゃってなるわけですが(私を含め)。

ともあれどういう内容かわかんない段階であれこれ心配してもしょうがないし、私自身は登録もまにあったので、大人しく送られてくるのを待ちたいと思います。

というわけで本日はこれにて。また明日、お会いしましょう。

ガクトゥーンポスター
最後にブログ用ポスターを貼り付け。雰囲気あるなああぁぁぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「『黄雷のガクトゥーン』のキャンペーンに応募した話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
月末戦線がヤバい話(2013年4月) (2013/04/26)
ケイオス・ラビリンスのイベントに行ってきた話 (2012/12/24)
イベントかぶりすぎの話 (2012/04/28)

2012/11/24(土) 23:30:47

ユニクロが2012年の大創業祭をやっています。折角だったので出かけて、3000円ほどで冬のアウターを購入(ユニクロ行かないとか言っておいてこのざまですが、安いは正義なのです)。ついでにウールのブランケットを先着特典で頂きました。

購入したのはこのウルトラライトダウンジャケット。すっげー軽くて柔らかいうえに、なんかぺったんこになるくらいまで手で圧縮して、500mlペットボトルくらいのサイズにできる(ケースがついています)のが気に入りました。パーカータイプのもあるけれど、フードが邪魔になるのでこれが一番良いかな……。

この手のアイテムで私が結構気にしているのは、着心地やサイズはもちろんですが、何より素材。素材にこだわるというと偉そうですが、実態はそんな良いものじゃなくて、とりあえずポリウレタンはゴメンであるという感じです。

と言いますのは、ポリウレタンで2度3度いたい目をみたことがありまして……。某メーカーのフェイクレザー、ポリウレタン100%(たしか)のジャケットを買ったのですが、2年目くらいでしたか、座っているところに何か黒い粉がいっぱいおちてるなーと思って見ていると、どうも私の体から落ちているらしい。何ごとかと思ってジャケットをみると、ぱりぱりになって破れ始めていたんです。しかも全体が……。だいぶショックでした。

わずか2年で、というのもですが、ぼろぼろになって崩壊していき、見る影もなくなっていく姿というのはどうも耐えがたいものがあり。デニムとかだと切って鞄にしたりとか、色々あるわけじゃないですか。そういうのが一切無理な感じで、速攻ゴミとして捨てた記憶があります。なんか他に使えたのかな……。

ちなみにポリウレタンの崩れ方を説明するのは難しいのですが……うーん、ヘッドフォンとかを長く使っている人の中には、ヘッドフォンのイヤーパッドの黒いところがハゲてぼろぼろになって落ちてくる経験をしたことがある人がいらっしゃるのではないかと思います(布製ならそんな心配はいりませんが)。ちょうどあんな感じ。あれもだいたいポリウレタン(低反発発泡ウレタン)が劣化してるわけですね。

その後、同じくウレタンのパンツもそんな感じになって懲りました。フェイクレザーの質が硬いものだったので崩れやすかったのでしょうし、あたりが悪かったのも管理が悪かったのもあるのかもしれませんが、とりあえずウレタンメインの服は買うまい、と。ちょっと入ってるくらいなら全然良いんですが、大部分がウレタンだと恐怖が甦る……。

実際問題ウレタンというのはかなり劣化が激しく、使い捨て感覚なのだそうです。ちなみに、ポリエステルとかはかなり丈夫。ナイロンもまぁまぁ強いそうで、確かにナイロンとかが速攻ぼろぼろになった経験は無い。要はウレタンというのは安さと加工しやすさをメインに、短期間オシャレ気分を味わうための素材と割り切るのが良いということを、失敗から学びました。

今回ユニクロで買ったジャケットは、幸いナイロン素材。まあ良いか、という感じです。同系の素材ですからいつかはぼろぼろっと崩れるのかも知れませんが、そうなったらそうなったでその時に考えましょう。

とりあえず5年くらい保ってくれたらいいなぁ……無理かな?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「ポリウレタンこわい」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
フィギュアの魔力 (2012/10/09)
情報ソースは案外気にされないという話 (2012/09/02)
おことわりします (2013/08/18)

2012/11/23(金) 00:36:45

発売から1、2ヶ月が過ぎてそれなりに評判も出そろってきた7インチタブレットPCの2代横綱、iPad miniとNEXUS7。まだまだ各ショップでは品切れ状態が続いている大人気ぶり。これだけ高性能で低価格なら一台くらい持ってみたいけれど、さて、どっちを使おうか……と考えておられる方も多いのではないでしょうか。ぶっちゃけ、私もその一人です。

折しも友人二人が、それぞれiPad mini(16G)とNEXUS7(32G)を買ったということで、ちょっと(だいぶ)いじらせてもらいました。この両者については、プロフェッショナルの方がたくさん比較記事を書いておられます。ググればまあ、でるわでるわ。

ただ、自分がそうなだけかもしれませんが、あんまり専門的過ぎてもよくわからない。そもそもタブレットPCを持ったことがない人間だったので、比較項目自体がピンとこないんですよね。

そこで今回、タブPC 童貞 初心者の私がこの辺気にしました、というのをわかりやすく、参考にしやすいかたちで書いてみようと思います。……「わかりやすく」! 私にできるんだろうか。不安です。あと、何か間違ったこと言っていたらごめんなさい。指摘してくださるとありがたいです。

あ、最初にことわっておきますと、ぶっちゃけそんな大差無いです。どっちも凄く良い。便利。ハイスペック。それでもあえて差をつけるとしたら、というくらいに考えて置いてください。

▼そもそも何のためにタブレットPC?
当たり前ですが、これが大事。そもそもタブレットPCは、ノートPCほど汎用性は無いけれど携帯(スマフォ)よりは応用が利く、といった感じのいささか中途半端な端末。当然使いこなすにはWi-Fiも必要(Wi-Fiモデルなので)でちょっと面倒です。つまり、本当にタブレットPCがその目的に最適かどうかを、まずは検討しておく必要があります。

私の場合は、まずブラウジング。今はスマフォでやっているのですが、ニュースや気になる情報を拾って、ドロップボックスとかに放り込んで後から見ます。気になったエロゲーのキャンペーン情報とか。あと、店頭のポスターや告知、気になった商品(店員さんに聞いて)を写真にとって同様に共有したりというメモ代わりにも使う。この辺の作業効率が飛躍的にアップするのではないかというのが期待しているところです。

他には、簡単な文書を作成したり、青空文庫の本を読む……というくらいでしょうか。スマフォで良いじゃん、と言われそうですがこれでツイッターとかもやると、さすがに電池がキッツいです。それに、読みものや書きものは画面が小さくてやりづらい。解決するにはタブレットPCかなあ、というわけです。

以上が私の理由ですが、タブレットPCを希望する動機としては他に、動画閲覧やメールの一括管理などがあるかもしれません。もっともこれが「音楽を聴きたい」ならiPod系のほうが良いでしょうし、「ゲームやりたい」ならノートPCか、ソーシャル系ならスマフォのほうが良いように思います。

流行だから? なら迷うことはありません。iPad mini一択です。

▼スペック
ほぼ一緒。仕様上はNEXUS7のほうが高いことになっていますが、全然解りません。バリバリに動く動画とか流してみても、iPAD miniが目に見えて劣っているとかそういうのはありませんでした。少なくとも、素人の私にはわかんないレベル。むしろ、起動はNEXUSのほうがトロく感じたくらいです。というわけで、どっち買っても大差ないと思います。

▼値段
まあ、これも大事ですよね。単純に効率で比較すれば、NEXUS7の圧勝です。iPad mini(16G)がだいたい28000円くらい。NEXUS7(16G)が19800円でしたから(もう販売終わりましたが)、8000円違う。というかNEXUS7(32G)が27000円くらいだし、あんまり勝負になりません。NEXUS圧勝。

しかしたとえばですが、3万円以下で買うと決めていて、NEXUS7(32G)かiPad mini(16G)か、というところで悩む可能性はあります。ただその場合もNEXUS7(32G)を選ぶことを私はお薦めしたい。

というのは、容量の問題。こいつらどっちもmicroSDを入れたりすることができないので、基本はWEBスペースと本体内蔵の容量に頼る形になります。それでも16Gありゃ十分だろと思われるかも知れませんが、OSだのなんだかんだで圧迫されて実際に使えるのは12Gほど。そして忘れてはいけませんが、これはPCですから、ある程度ディスクに空きがないと動作スピードが落ちます。できれば半分、最低でも3〜4Gはあけたい……ということになると、16Gのほうは実質10Gも使えないんですよね。これは正直ちょっと心許ないです。

この両者、スペックに大きな違いが無いからこそ、16Gか32Gかは大きい。対費用効率に重点を置くなら、NEXUSしかないと思います。

▼つくり
重さは、iPad miniが312グラム、NEXUS7が340Gということになっていますが、実際測ってみたらiPad miniは304(なぜ軽くなるんだ)、NEXUS7は368ありました。微差と考えるか、大差と考えるか……。正直片手で長い間持っていたらちょっとは影響してくるのかもしれませんが、そういうシチュエーションはあんまり思いつかないし、あったとしてもタブレットの重さより片手を上げ続ける疲れのほうが上回りそうなので、あんまり気にしなくて良いんじゃないかなあ。

むしろ気になったのは厚み。iPad mini はすごく薄い。ヤバいです。NEXUS7と並べると、ハッキリと段差ができる。ただ、横幅はNEXUS7のほうが狭いです。たぶん手で持つときは横をぐいっと掴むことになるので、持ちやすさではNEXUSに軍配。収納や運びやすさではiPad mini の勝ち、というところ。

デザイン的にはiPad mini は非常にオシャレ。アルミボディです。こちらのサイトさんによると、どうもロゴとかすごい技術みたいなんですが、素人なんでわかりません。「ふ〜ん」ってなもんです。でも、スタイリッシュなのは確か。一方NEXUSは無骨というかロボロボしいというか、なんかマジックテープに憧れる就学前の児童を見ているかのようないかにも感がありますが、私は嫌いではないです。ただ、世間的にはiPad mini のほうが優れたデザインでしょう、たぶん。

NEXUSでどうしても不満なのはカメラ。背面にレンズがなく、フロントのみについています。使いづらいことこの上ない……。スカイプとかを想定したのかもしれませんが、それならせめて、両面につけてほしかったです。

▼ディスプレイ
これは勘違いしていたのですが、iPad mini は噂のRetinaディスプレイではないんですね。店頭のデモ機で比較してみたところ、Retinaの鮮やかさは異次元で、たとえば第4世代iPad(miniじゃない)とNEXUS7を比べると、もう圧倒的にiPad。ド素人でも見て解るレベルで違いました。

ただ、そのRetinaではないiPad mini とNEXUS7だと、ぶっちゃけ大差ないです。むしろ画像は色の鮮やかさでNEXUS7に軍配が上がるかも知れない。文字はどっこいどっこい。

来年あたりにはRetina搭載のiPad mini が出るのではないか、などと言われていますが、常識的に考えて今年の10月だかに出たばっかりの新作を、あっという間に過去の遺物にする選択肢はまずありえないので、しばらくminiのほうはこのままでしょう。静止画がいいとか動画がいいとか、発色とか色々専門的なところでちょっとした違いはありそうですが、これもそんな気にするほど差は無いと思います。

▼OS
機種の違いということでいえば、これが一番かなあ。iOSかAndroidかですよね。どうしても使いたいアプリがあるとか、携帯がiPhoneでiOSに慣れている、またはAndroidに慣れている……などということがあれば、それにあわせるのがよさそう。

特にこだわりがないのなら、個人的にはAndroidのほうが「楽しい」。というのは、Androidのほうがデスクトップを自由にカスタマイズできるんですよね。ウェジェットの大きさ変更したり、配置を散らしたり。もちろんこれは諸刃の剣で、特にカスタマイズにこだわりがないのなら、はじめから「最適解」を用意してくれているiOSのほうが便利。自分がそれにあわせていけば良いわけですから。

ってなわけで、自分であれこれいじりたい人はAndroid、そうでもない人はiOSが向いてるんじゃないかと思います。

▼バッテリー
限界までいじってないのでわかりません。公称ではどっちもほぼ一緒。まあ7〜9時間、普通にやっていて保てば上出来じゃないでしょうか。発熱も特に気にならないくらい。NEXUS使っている友人は、「ちょっと早く切れすぎかもしれない」みたいなことを言っていましたが、これは本人の使い方のせいなのか、たまたまそういう機体があたったのか、よくわかりませんからね。

▼結論
うーん。私にはNEXUS7のほうが向いてる気がする。デスクトップいじりたいし、やっぱり値段も安い方が良いし、いま使ってるスマフォがアンドロイドだし。Googleアカウントとの連繋もありがたいといえばありがたいんですよね。連絡先とか画像を同期できるし。iOSはiOSで、iTuensがあるんでしょうけど私使ってないからなぁ。

というわけで、NEXUS7を買おうかなと思っています。iPad miniもちょっといじらせてもらった限り、そうとう良いマシンですけどね。

▼おまけ(Wi-Fiのこと)
ちなみにちらっと触れましたが、どちらもWi-Fiモデルです。しばらくしたらLTEモデル(Softbankとか)のiPad miniは出るみたいですが、iPadの時の感じからするとそっちのほうが月額負担が高くつくことになりかねないので、普通にWi-Fiモデルで良いんじゃないかな。まあ出てみないとわかんないですね、こればっかりは。

もしWi-Fiを選ぶなら、イーモバイルかWiMaxが良いと個人的には思います。Softbank、docomoは広いエリアが魅力ですが、帯域制限という意外に見えづらい落とし穴がある。ソフバンは月に5G、ドコモは7Gの転送量を超えると、以降ゴミみたいなスピードの通信になります。これは電話系のプロバイダには避けて通れない道でしょう。イーモバイルは単位が一日なので回復が早いのでまだマシ(そのかわり1日の転送制限が400Mほどですが)。WiMAXは帯域制限無しです。

ネックだったエリアについても、auと提携してauのエリアをカバーするコースができたみたいです。月額ちょっと高いのに加えて別途プロバイダ料金で更に高くなりますが、いまならキャンペーンで4000円ほどで済みますし、たぶんこの手のキャンペーンって一生やってるでしょうから、本気で動画見たり、重たいファイルを仕事で頻繁にやりとりしたい場合はWiMAXもありかな。

あ、でもイーモバはソフマップとかでパソコン激安にするセットキャンペーンやってますよね。なんかああいうのと組み合わせるならイーモバありの気がする。解約手数料の規定の違いとかは、ぶっちゃけあんまり気にしないのでスルー。ってか、余程のことがないと解約しないでしょ……。



以上、本日は珍しくPC関係の話などしてみました。しかし高性能のタブレットPCがこんだけ安く手にはいるなら、ノートPCの出番ってホントに減っていくのかもしれませんね。Windows8が拍車をかけるのかしら。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「素人目線で考える、iPad miniとNEXUS7」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レビュー:てんぱねに行ってきました。 (2012/03/05)
猫はなるほどかわいいけれど (2012/08/04)
ピンパイさんの20周年記念企画「歴代エロアニメヒロイン決戦アンケート投票大会」が酷い話 (2013/02/14)

2012/11/22(木) 21:19:45

大混雑が予想される2012年の年末エロゲー戦線。皮切りに月末一歩前の、11月22日の乱に参加してきました。

今日は『女系家族』『痴漢のライセンス』『大犯盛』の3本の予定だったのですが、終わってみると何故か『魔王と踊れ』に『ピンポンぱんつ!』が加わって5本に……大丈夫か、私の財布。まあ合計3万円なので何とか保つかなぁ……。でも明日から連休セールが色々あるんだよなー。うーん。不安……。

ちなみに全部ソフマップさんで購入です。

『痴漢のライセンス』はショップ特典無しですが、初回特典で特性オナホが入ってました。黒いヤツ。たぶん使いません。せめてもうちょっとネタを仕込んでくれないと……。『大犯盛』のほうにゴーヤ型バイブでも入っていれば良かったんですが、残念ながらそんなことは無く。なお、SYOKUブランドの愛くるしいマスコット、ノルちゃんにうかがった限りだと、特典も審査対象なので色々大変だそうです。オナホは良くてバイブはダメなのかな……。ただ、SYOKUさんはメディ倫、C:Driveさんはソフ倫なので細かいところは違うのかもしれません。

大犯盛パッケ裏
最低のクズ」を使うなら、CVにはサトウユキさんを起用してほしかったです……。

なお、本日(11月22日)から『レミニセンス』の予約受付が開始。早期予約キャンペーンでトモセシュンサク先生のサイン入り複製色紙が貰えるということで貰ってきました。

レミニセンス予約特典
トモセシュンサク先生はどんな絵でも行けるんで本当に尊敬します。

あと、『恋剣乙女』と既に予約済みだった『木漏れ日のノスタルジーカ』にクリアファイルの特典がついていたので、これも貰ってきました。なんでこんな予約の話ばっかりしてるかというと、ソフマップが予約の日だからまとめて予約したというそれだけなんですが。

んで、その貰った『恋剣』のクリアファイルがヤバい。エロいです。どんな感じかと申しますとですね……。

恋剣乙女特典
あんまり綺麗に撮れていなくて申し訳ありません。

見よ、この下乳。あとフミフミです。おみ足の迫ってくる感じがたまらん。これは販促っていうか反則でしょう。「こちら特典になります〜」って店員さんに見せられて、思わず「えろっ」って叫んでしまいました……恥ずか死。

家に帰って特典やら何やらチェックしているうちに出かけなければならない時間になったのでまだろくすっぽプレイできていませんが、抜きゲー中心なのでがっつり楽しんで行きたいと思います。でも早めにやらないと月末がきちゃうから、のんびりもしていられないか……。

というわけで本日はこれにて。また明日、お会いしましょう。あでゅー。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「月末前哨戦(2012年11月)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
トラベリングオーガストに落選した話 (2013/05/02)
2012年エロゲーランキング・第一回 −要素分解採点編− (2013/01/02)
『恋咲く都に愛の約束を』と『戦刃乙女』の発売記念サイン会に行ってきた話 (2013/07/27)

2012/11/21(水) 16:00:51

私は基本的にファッションなんぞ興味なし、服はユニクロですらなく、その辺のホームセンターとか青木さんとかで300円くらいのを買いあさってヨレヨレになるまで保たせる……みたいな人種です。が、都合でどうしてもフォーマルな良い服装が必要になることがたまにある。そういう時は仕方がないので、デパートなるところに出かけてお上りさん状態になりながら、ブランドものの服を買ったりするわけです。一張羅ってやつですね。まあ普段着るものではないから消耗も少なく、1着2着あると10年20年といけますし、そこでケチってもしょうがないだろうと。

んで先日は友人の結婚式用の小物を買う為にでかけたのですが、その時におや? と思うことがありました。タイとハンカチを某ショップの店員さんに案内して貰っている最中、隣で接客していた別の店員さんが、お客さんにこう言っていたんですね。「これ、いま凄い人気なんで、皆さん買われていて、これが最後なんですよ……」とか何とか。

品薄商法ではないけれど、「これで最後」というのがポイントですよね。買わないと、もう手に入らないような気分になる。そして、「凄い人気」というのもセールスとしては上手い。みんなが買っているなら良いものなのだろう、という安心感が持てる。

しかし、実際そのお客さんも買わなかった。結果的に売り込みは失敗したわけです。そして、その彼と理由は違うのかもしれませんが、もし私がお客の立場でもそれ(ちらちら見ていた限り、靴)は買わないなあと思いました。その意味で私は、店員さんの「勧め方」にはミスがあったと思う。

どうしてでしょうか。

私の冒頭の記事が前フリになっていたわけですが、ふつう、デパートのちょっとお高いお店で服を買おうというのは、普段からそういうこだわりのある人か、私のように何か必要に迫られて来る人間かがほとんどだろうと思います。

前者であれば、だいたい「何が流行っているか」くらいはおさえているでしょうから、今更説明するより他のセールスポイントを言った方が効果的。上級者に初心者用の説明してもしょうがないので、もっとつっこんだ話をしましょうということになります。

一方後者の場合、その服なり靴なりは「特別な」意味をもつことになります。まあプレゼントだと相手の好みが解らないから無難なもの……という選択肢はあるのかもしれませんが、自分用なら、やっぱりちょっと「人と違う」ものが欲しくなるのではないでしょうか。

ちなみにそのお客の彼は、上下ユニクロでした(なぜ解ったかというと、私も別種の同タイプの服をもっているからです!)。そして靴は定番のコンバースAllSTAR☆ミ。たぶん、普段はこういうお店で買わないのでしょう。そして、「他の人と同じ」が良いのなら、大人しくユニクロなりABCマートなりへ行くやろな、と

そういうお客というのはオーダーメイドするほどのこだわりは無いし、なんだかんだで「ブランド」という一般性に頼っているとはいえ、気持ち的には「一点モノ」を求めてきているハズです。果たして「一点モノ」にどれだけの意味や価値があるのかとか、どうして「一点モノ」を求めたがるのかとか、そういう話はいったん措いておきましょう。やっぱり自分だけのモノ、オリジナリティを表現できるモノって欲しいじゃないですか。……どうでも良いけどあんまりこういう発想が行きすぎると秋葉原の駅前にいるエウリアン(絵画詐欺師)に引っかかるんで注意が必要ですぞ。

ともあれそんなわけで(どんなわけだ)もし私が店員なら、こう言えるものを勧めたと思います。「これは、あまり有名ではありませんがとても良い品で、知る人ぞ知る逸品なんですよ」とか。

おしゃれに興味無い私も、実は大昔にアパレル系のお店でバイトをしたことがありました。まあ子供服のお店で、ユニフォームは支給だったので知識さえ仕入れてニコニコしてりゃなんとかなったんですよね。あ、姿勢は凄い注意されました。……ってそんな話はどうでもよくて、そこでお客に勧めるための方針として次のようなことを教わりました。「こだわりのある人にはこだわりのある品を、こだわりの無い人には流行の品を」勧めるのだ、と。そして会話や服装のチェックから、そういうのを見極める方法みたいなのも教育された。

ぶっちゃけもうあんまり覚えていないうえにそれが妥当だったのかはわかりませんが、そう言う私のバイト経験から言えば、今回隣にいたお客は、服装的にはこだわっている感じでもないし、またたぶん、会話をしても特にこだわりは無かったんじゃないかと思う。でも、そういうこだわっていなさそうな人が、こだわりのある人向けのお店に来る時点で、逆にものすご〜くこだわっている部分もあるとは思うのです。

その辺、会話しながら引き出していってお客の希望にかなうものを提供する(実際にその品が完全にお客の希望通りでなくても、そう思わせて満足感を与える)のもテクニックなんでしょうけど、なかなか難しいですよね。実際私も難しかった。

その辺を上手くクリアーしているのはユニクロやABCマートみたいな形式でしょう。一点モノを求める人はそもそも想定せず、お客がショップに来た時点である程度方向性は見えている。オーダーメイドの店なんかも逆の意味で同じ分類になると思います。

つまるところ人が何を求めているか、その意識の方向性を読むことでパッケージングというのは成立するわけですが、無理によまずとも逆にパッケージによって意識の方向を決定づけるという転換が行えれば手っ取り早いわけですね。

そしてこれは、服飾に限らず、あらゆる分野(たとえば文章だってそうでしょう)にも通用するのだろうと思います。そんなことばっかり考えて好きなことできなくなったら本末転倒ですが、ある程度パッケージを意識した文章のほうが引き締まるし、私自身は好きなので、そう言うところを目指していきたいですね。

というわけで本日はこの辺で。また明日、お会いしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「誰かにものを勧めるには」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
議論を「引きつける」やりかた――とある『はつゆきさくら』感想を拝読して思うことなど (2012/09/01)
何を読み取り、どう書くか (2012/11/12)
表記:「『彼女は僕に、そっとうなずいた』……あれ、うなづいた? うなずいた? どっちだっけ。よし、漢字でいいや」、の巻。 (2012/02/23)