よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/05/08(水) 17:13:46

先日のこと、図書館で本を探しておりますと、ケホケホ咳き込んでいる女性がいて、その人が、館内閲覧室でペットボトルの水を飲んだ上、それを机の上に出しながら本を読んでいるところに出くわしました。

あ、館内は飲食禁止です。デカデカと入り口に看板があるし、私がいたところから(当然その彼女からも)見えるところにも、「飲食はお控えください/NO FOOD & DRINK」というプレートがありました。

で、これはどうなんだろうなーと思っていたら職員の女性が来て、「すみません、館内は飲食禁止となっておりますので……」と注意をした。すると、その水飲んでた人は、「はぁ?」みたいなことを言って、職員さんに食ってかかった。

私も近場で全部の話しを聞いていたわけではないので細かなところまで再現は難しいのですが、ざっとまとめると、利用者の主張は次のような感じでした。

1.自分は喉の調子が悪くて、水を飲まないとしんどい。
(私の体調が余計に悪くなってもいいってこと? みたいな言い方でしたが)

2.自分以外にも飲んでいる人がいるのに、自分だけ注意されるのは不公平。

3.他の図書館では飲み物はOKというところもある。

4.というか、そもそもどうして「飲」はダメなのかわからない。

私はそれ聞いていて、特に(1)とか(2)とかでは目まいがしたんですが(そもそも、それなら図書館来なきゃいいだろと内心ツッコミいれてました。来るなら飲むな。飲むなら来るな、と)、(3)とか(4)あたりについては、まあ一理ないこともないかな……と、ちょっと思ったりもしました。いやまあ、明確に「禁止」って書いてあるのを破って良い理由にはならないと思いますけれども、電車内の「携帯電話の電源オフ」と同様に、形骸化しているルールだと言っても良いのかもしれない。

そのとき注意にきていた職員さんは、「他の利用者の方の迷惑になる」とか、「本が汚れるから……」みたいなことを言っていましたが、そもそも本は貸出されるものですから、「汚れる」ということを問題にするなら、貸出というシステムのほうが危険です。

また、「他の利用者の迷惑」ということで言えば、食べるのはともかく飲むほうについては、あんまり無いというのが実情じゃないでしょうか。ぶっちゃけ迷惑問題なら、私にとっては、ノーパソ持ってきてタイプ音させながらカチカチやってる人とかのほうがうるさくて迷惑。

その他考えられる被害としては、水とかをこぼして近所にいる他の人の本や持ち物に被害を与えたり、図書館という場所を汚す、という可能性はあります。しかし、それなら何も飲食だけに限ったことではないわけで(たとえば、いきなり万年筆のインクが漏れだす可能性があるから、万年筆やマジックの持ち込みも禁止にするほうがいいとか、そういう話になるかもしれません)、なるほど図書館内の「飲禁止」というのは、言われるままに従っていたけれど、ちょっと考えなおすことを検討してもいいシステムなのかもしれません。

実際、こういう話もあるようで。(参考:CA1675 - 読むなら飲むな? −図書館における飲料問題−)「図書館と「飲食」に関する議論は、利用者のニーズの高まりとともに、今後ますます活発化するであろう」という結論は、そうかもしれないという説得力があります。図書館を、より気軽で快適な場にする、ということでは、日本は遅れているのかも。

現場の方々の負担とか、その辺にまでは頭がまわりません。ただ、いち利用者として見ると、経験的に、食事はともかく、飲む方については、長時間の滞在だと持ち込み可能にしてもらえると便利なことが多いですよね。ウオータークーラーが完備されてる図書館なら良いけど、そうでないならいちいち外に出るの面倒だし。実際には、貴重書がある図書館とかだと、扱いはもっと慎重にならざるを得ないにしても。

今回クレームつけてた利用者の行為そのものは、個人的に論外だと思いますが、その主張内容の全部がダメってわけでもなく、ちょっとおもしろい意見だなーと、聞き耳を立てながら思ったのでした。職員さんには災難でしたけれども。本当におつかれさまでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

「図書館飲食戦争」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ツイてない一日 (2013/05/10)
敵は内に在り (2013/06/19)
レイアウトを変えてみた話 (2012/11/02)