よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/04/25(水) 23:30:25

コンシューマネタばっかりですが、三国志新作やってました。随分久々だし、ちょっと楽しみにしていたのです。ボックス版もきになりましたが、お金がないのと店頭で見たら余りにデカかったため、通常版を購入。

割と難度低めかなあ。シナリオ3の劉備(上級)でさくっとクリア。ただ、細かく難度をいじれる(COMだけ金が多くはいるようにする設定などもあり)ため、懐は深そう。無理ゲープレイをしたいひとにも門戸は開かれています。

全体的に本作は女性武将多めでした。私的にはウハウハでござる。とはいえ全体的にそこまで強くはないんですけど。まあ女性武将は色合い的にもやっぱり華がありますからね。特に夫人系は基本、スキルも武力も低すぎて戦闘に使えないから未練もないし、僻地の内政要員としてはパーフェクト(あれ)。

CVがどっかで聞いたことあるなあと思い、EDクレジットで確認。牛田裕子さん、斎藤佑圭さん、三上枝織さん、佐々木愛さん……。うん、あんまりわかりません。あ、三上さんはわかります。アッカリーンさんですよね! 皆さん青二プロダクションの方のようで、まあなるほどという感じでした。

今回は武将モードが無い純粋な戦略SLG。私的にはこっちのほうが好みなので嬉しいです。ただ、その中でも結構武将はよく描かれているな、と思いました。「4Gamer.net」さんのこちらの記事で武将の顔グラフィックが一部公開されていますが、男も含めてなかなか雰囲気が出ています。本作は『三国志大戦』を意識したのか、キャラが全身像。各キャラのキーとなるアイテムなどもグラフィックに表示されていて(たとえば曹節は玉璽を持っています)良い感じ。イベントも、カットインやボイスによって各キャラの個性が今まで以上に出るように工夫されていました。

小喬
(C)コーエーテクモゲームス
小喬たん。美人っすなあ……。個人的には蔡叙イが好き。あと、樊氏はエロすぎです。

能力があがりやすいのも良いし、能力があがると目に見えて成果がでるのも良い。内政は、自由度も高いし各地方の特色もでているし、なによりストレスが無いのが好感触。歴代三国志シリーズの内政と比べても、かなり良いデキじゃないでしょうか。単純なようで、建てる配分や配置する武将など、ちょっと考えるところがあるのがニクいです。後半はちょっと作業気味になりますが……。隣接する建物とのコンビネーションで効果が上下する、みたいなのがあってもよかったという(信長の野望みたいに)話も聞きますが、この単純さが逆に後半ダレてくる頃にはありがたかったです。

劇的に変化していたのは、一騎打ち。これまでは武力で20も30も差があるとほぼアウトでしたが、今回は読みと工夫によって凌ぎきることができます。もちろん、武力が高いほど有利だし効果も大きいですよ。ただ、戦法でステータスを一時的にドーピングしたり、反撃や必殺を盛り込むことで一騎打ちに緊張感と幅がでました。これは嬉しい変更。戦闘が楽しい三国志は久々です。

また武将の話にもどりますが、目にはさやかに見えねども、細かいセリフやスキルによって武将の「個性」を、これまでの作品の中では一番しっかりとだしているように感じました。先述したとおりゲームとしては相変わらずCOMの戦闘AIがあまり賢くないせいでヌルゲー気味とはいえ、三国志の世界を楽しむ、という意味ではかなり良くできた仕上がりかな。しばらく楽しめそう。しかし、明後日には月末エロゲーが……。どうしよう。

まあちょくちょく楽しんでいこうと思います。個人的には待った甲斐があったとまでいえるかどうかはさておき、割と楽しめる作品でした。

それでは、また明日。いよいよGW前のエロゲー祭り、カウントダウンやで……!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「三国志やってた話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ふんだり蹴ったり (2013/05/12)
明石焼きを食べてきた話 (2012/08/08)
サイン会当選キタ━(゚∀゚)━! (2013/07/10)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら