よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/06/25(月) 10:10:35

この大空に、翼をひろげて
タイトル:『この大空に、翼をひろげて』(PULLTOP/2012年5月25日)
原画:八島タカヒロ、基井あゆむ、田口まこと(SD)/シナリオ:紺野アスタ、七烏未奏、奥田港
公式:http://konosora.jp/
批評空間レビュー投稿:済 → ネタバレ無し
定価:8800円
期待:B(A〜E)


※具体的な内容に踏み込んだ長文感想(内容紹介)は、批評空間さまにて投稿しております。ご関心あれば上記リンクよりご覧下さい。

関連記事
2012年4月10日記事:体験版レビューコンテストについて
2012年4月15日記事:体験版レビュー
2012年5月29日記事:パッチについて
2012年6月26日記事:攻略手順

◆評価について
Aに限りなく近いB……というか、感覚としてはA評価でも良かったのですが、穴が無いかと言えばあるし、非常に良かった部分だけでそれを補いきれるかというと、その「良かった部分」に絡む穴もあったので難しい。よってBとしました。ただ、まんべんなくBというタイプではなく、一部が突出して良いけどバランス取り損ねてB、という感じなので、プラスの箇所を重視すればここまでの2012年半期でもトップクラスの出来映えだったと思います。

◆雑感
とうとう終わりました、っていうかだいぶ前に終わっていたのですが、なかなか感想をかけなかった『大空翼』。色々思い切って、ようやく完了。体験版から随分長いお付き合いになったなあ。やっぱり感想の全文掲載は重複になるのでやめます(といってまた復活させるかもしれませんが)。お手数ですが上の「批評空間レビュー投稿」リンクをご覧になってくださいということで。

実は感想をもう書かないでおこうかなーとか思っていたのですが、pomさん(@pokpokpolk)とお話をさせていただく機会があり、そこでもうちょっと色々考えてみよう、と。どうして感想を書くのをためらっていたかというと、どうしても一部キャラの「空」への動機であるとか、碧への「好き」という気持ちのでどころであるとかが、わからなかったからです。情けないことに。

特に、あげは・亜紗・依瑠の3人。小鳥と天音は、直接好きになったのが何時とか、どうしてとか書いてはいませんが、一応きちんとそう読める場面があるので楽でした。ただ、先の3人はどうも「いつのまにか」好きでしたを強調する余り、ホントにきっかけがわからない。あげはの場合、最初から好きだったのだ、ということかもしれませんが、でも生まれたときから好きなわけはないですし、「幼なじみだから」というのは理由のようでやっぱり理由になっていません。それなら、達也(あんちゃん)や柾次を好きになる可能性もあったわけじゃないですか。それでも碧じゃなきゃダメだ、というのがこの作品が繰り返し言っていたこと(「あのガレージとグライダーは、もう俺たちにとって特別なんだ」)なので、そこがありません、というのでは納得できない。あげはにとって碧が特別なのは、どうしてなのか。亜紗にとって碧はどこで特別になったのか。そんなことを考えてプレイを繰り返していました。

そもそもレビューにそのことを書くかはさておき、自分なりにこの娘のことある程度見えた! という感じがしないとなかなかレビューは書けないので、あげはや双子の「好き」の形が見えないというのは、なかなかしんどかったのです。いや、全然わかんなかった、というのも書けますが、この作品はそれじゃ勿体ないかな、と。結局疑問はなんとか解決してレビューを書いたつもりですが、うまくいっているかどうかはわかりません。「自分を見つける」という話から「自分を創る」という言い方にスライドさせたのは、「自分」なんてもともと存在するものではなくて、仲間や目標との関わりのなかで創り出されていくものだ、という、そんなメッセージをこの作品に読み取りたかったからなのですが、果たしてそこまでのことを言っているかどうか。むしろ依瑠の物語からは逆の印象も受けたので、ちょっとぼかして書きました。

なお、結構不満もあり。とはいえ致命的と思われるような部分はありません。全体としては予想通りか、それよりちょっとだけ下のラインに無事着陸したかな、という感じです。説明的な感想を書いているので説得力はないかも知れませんが、本当に心の赴くままに楽しんで、共感できるところがあればそこから物語に深入りしていけば良いという、正統派のエロゲーだったと思います。社会性とかを求めるとどうかはさておき、エンターテインメント作品として、しっかりまとまっています。

声優さんの演技もよくて、久々に何度もセリフを聞き直しました。特に小鳥は、良いセリフが多かったなあ……。

それにしても、ほたるはアレですね。絶対幸せになれないタイプ。この娘はきっと、誰かを本気で好きになっている相手しか好きになれない娘。あげはルートの最後の方で、そんな風に思いました。実に不憫……。

好きなキャラはあげは、良いと思ったルートは小鳥ルート。

あげはちゃんすきだー! だー! だー! だー!

攻略関連は後日。それではまた明日、お会いしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「レビュー:『この大空に、翼をひろげて』(製品版)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レビュー:『バス畜』 (2012/10/25)
レビュー:『姉と俺はナカがいい』 (2012/06/27)
レビュー:『エロゲーしようよっ!』 (2012/02/22)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら