よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/08/04(土) 23:58:35

うちの近所には大量のノラ猫がいます。

夜になると道を10歩歩くごとに遭遇するし、夜中はひっきりなしに鳴き声が。駐車場の車の下にはだいたい猫が潜んでいる。私自身はアパート暮らしなので、猫かわいいなあと思うくらいなのですが、やはりこれだけ多いと問題も発生しているようです。

たとえば糞尿なんかはわかりやすいとして、ゴミをあらされる、花壇をあらされる、車を傷つけられる。騒音被害はまだ少ないのですが、近隣には猫が嫌いだという人もいるようで、特に時々挨拶する程度には仲良くなった隣家の一軒家の奥さんは、「猫が怖くて……」みたいなことを時々口にしておられます。

そんな我が町内で一年ほど前から、猫に餌やりをしているご老人の姿が目撃されるようになりました。

朝の早い時間に、電柱や民家の門のところなど、猫が集まりやすい安全なスペースに(道路だと車が来たとき危ないからだろうと想像しています)エサをまいていく。私も時々姿を見かけて、近所の人が餌付けでもしているのだろうと勝手に思っていたのですが、どうも近隣の人ではなかったらしい。町内の人と大声で言い争っているのを耳にすることが増えました。エサやりを止めるように貼り紙なんかも出されるようになった。

そのうち見とがめられるのを鬱陶しく思ったのか、ご老人は深夜の2時とか3時に活動するようになりました。深夜にコンビニとかに行くと、はちあわせることが時々あります。特に最近はオリンピックを観ているせいもあり、遭遇率が高い。

正直な話、私はノラ猫の餌やり等について専門的なことはわかりません。ノラにエサをやるのが必要なことなのかどうかとかは全然しらない。ただ、やるなら自分の家の近所でやってくれ、とは思います。近隣住民から苦情がでて、貼り紙までされているのに餌付けを続けるというのはちょっとどうなのかなぁ、と。

また、以前読んだ記事でこんなことが書かれていました。

『ぶろぐザンヌゥ★』「野良猫餌やりオバさんの受難
ニセ愛護の判別の方法は簡単だ。

彼らは、野良猫に餌は与えるが、よくよく突っ込んで話を聞いてみると、猫の命や、周辺住民の迷惑には「関心がない」。

本当の愛護家は、そのような無責任な連中とは全く違う。

野良猫を保護して不妊手術をし、混合ワクチンも打つ。
(猫のいくつかのウイルス感染症はほぼ不治の病だ)

餌を与えるのは最小限。カラスやゴキブリが寄ってこないよう残りはすぐに片づける。

近所の家から苦情が来れば、糞尿の掃除にも行く。

それでも土地所有者から「ここで餌やりをするのは困る」と言われたら場所を移す。

自分たちの意志で野良猫を管理し保護するのだから、野良猫について責任があり、ご近所には迷惑をかけないという明確な自覚を持っている。
これはこれで、エサをやる人の想いや貰うネコの実態を意識しない、一方的な見方かもしれません。ただ、近隣の人に猫が迷惑だと思われるような餌付けをするというのは、やはり良いことには思われません。

考え無しに餌付けをすることがネコにとって必ずしも幸せではない、というのは素人でもなんとなくわかるし、ましてネコを助けるなら迷惑を掛けない方法はあるはずなのに、やめてくれと言われてもそのまま隠れて続けるというのは、やっぱり印象良くない。もっともここで愚痴愚痴クダを巻いていてもはじまらないので、思い切ってご老人に言ってみようかなあとか思ったものの、それで逆上されたら怖いなあとか、色々考えてしまってなかなか行動にうつせず。

話し合って通じるとは思えないし、そもそも話を聞いてくれる気もしないんですよね。ただ、このところ少しずつ夜にネコ同士が争う声が聞こえることが増えてきた。昼には縄張り争いをしているのか、ネコ同士のおいかけっこしている姿も見かける。なんかネコ的治安が悪くなってきた感もあり、手を拱いていると悪化するだけという感じ。はてさて、どうしたものか……。

というわけで本日は、よくわからない愚痴みたいな話でした。蒸し暑い天気が続く中、じめじめした話題ですがご容赦下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「猫はなるほどかわいいけれど」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
それは本当に激励の言葉だろうか? (2012/10/06)
トンデモ怪談 (2012/08/19)
いいかたのもんだい (2013/01/13)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら