よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/08/11(土) 22:39:38

コミケの話は後日まとめて、ということにしたのでネタを何かと思っていたら、五輪でまた判定を巡る騒ぎがあったようで。

男子サッカーの裏でやっていた、女子の砲丸投げ。私はその頃山手線に乗っていたのでリアルタイムでは見られなかったのですが、友人が録画していたので戦利品を渡すついでに立ち寄って、ちょっと見せてもらいました。

日本でも見ていた人はいたようで、たとえばこちらの書き込みや、ツイッターでは地味にですが話題になっていました。

何が起きたのか簡単にまとめてみます。

女子ハンマー投げ決勝、ハイドラー選手(ドイツ)の5本目の試技。その時トップだったリセンコ選手の記録に迫る、77mラインへの投擲を成功させます。

ところが、いつまで経っても電光掲示板に記録が出ない。その間に次の選手がハンマーを投げて、これが72mくらい。と、ハイドラーの記録が後から投げた選手(72mくらい)として表示されたのでした。

当然、これに対してハイドラーは猛抗議。投擲は止まる、選手達も困り顔、日本のアナウンサーは状況整理に必死、解説者の小山さんはブチギレ(笑)。「これはドイツが訴えたら通りますよ!!」、「これだけ審判がいて誰も認めないってどういうことなんでしょうか!?」ばっかり言ってました。

VTRも残っていて77メートル以上飛んでいるのはあきらかなのに、審判団は協議を重ねるばかりで結論は出ず。その後も競技は続き、どうもハイドラーは5投目をやりなおし、ということになった模様。しかし納得いくハズもなく、5投目はファウル。銀メダル相当の記録を残していながら、8位だったかで終了したのでした。

1位がリセンコ(ロシア)。2位がヴォダルチク(ポーランド)。3位が張文秀(中国)ということでメダルが確定……解説席は納得いかない……みたいなところで映像は終わっていました。

ところがどうもその後どんでん返しがあったそうで、こちらを見ると、確かにハイドラーは77.12mの記録が認められ、銅メダルを獲得したようです。

「よかったね」みたいなコメントも見かけましたが、全然良くないでしょ、と正直思う。もちろんメダル無しよりは良いに決まってますが、繰り下げになった中国の選手は可哀想だし、何よりハイドラー選手は本当なら77.12の記録で後ろの選手にプレッシャーを与えることができて、銀をとれていたかもしれない。自分の記録が波に乗って、もっと伸びていた可能性だってある。

他の選手にしても試技が止まるわ記録を信用できないわで、精神的な動揺があったと思います。実際その後ファウル連発でしたし。映像もきちんと残ってるのに、未計測でやりなおしとかなんじゃそりゃ、という。これで「修正された」と認めてしまうと、陸上競技の駆け引きをバカにするようなものです。また選手が全力を発揮できるように環境を整えるという義務を怠っていることを軽く見るべきではない。室伏選手の一件も含め、陸上競技でこれだけ不手際が起こるというのは、何だかとても残念です。

こういう事件は自国のことでなくてもどんどん報道して、きちんとした運営が行われるようになってほしいなあ。まあ五輪自体の意義を疑問視する声とかがあるのは理解していますが、この際そういうことはおいときましょう。やる以上はきちんとやってほしい、という感じです。

あと同じ録画映像にうつってましたが、女子の400リレーでアメリカが世界新だしてました。凄いスピード。かっけぇ。

もうすぐ五輪も終わりですが、もうこんなことが無いように祈りたいですね。それでは、本日はこれで。明日はコミケ最終日や……。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「それは本当に「良かった」のかなぁ?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
4月1日 (2012/04/01)
都民の日の話 (2013/09/30)
シカカレー (2013/09/13)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら