よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/10/03(水) 00:12:22

魔法戦士EXステージ
タイトル:『魔法戦士エクストラステージ 〜10th Anniversary〜』(Triangle/2012年9月28日)
原画:斎藤なつき、夕暮ぱいろ
シナリオ:反事象桂林、坂本江麻
公式:『魔法戦士エクストラステージ』 OHP
定価:5000円
評価:C(A〜E)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
私はもうこのシリーズが大大大大大好きなんですよ! ぶっちゃけ一番好きなのはスイートルージュ(BBA)だったりするんで、『セイクリッドグラウンド』で凌辱の限りを尽くされた時は大満足したんですが、まあそれはさておき。最初は慣れなかった、自分の凌辱シーン実況中継というHのスタイルも最近は慣れてきたし、毎度気高い戦士を快楽に屈服させるという展開は非常に好きだったのですが……。ミドルプライスとしては頑張っているとか、個々のHシーンの質はそんなに悪くないとか言おうと思えば言えることは確かです。しかし、シリーズを歴代楽しんできたファン向けにしては内容が薄く、新規参入者を入れるには余りにも不親切すぎる。もちろんターゲットは前者なのですが、シリーズの過去のファンディスクを思うと、内容の薄さが寂しい。結果、単品の抜きゲーとして見た場合の点数しかつけられませんでした。で、ただの抜きゲーとして見るとなんだかんだで絵の使い回しが多いとか、台詞がワンパターンでマンネリ化するとか、ちょくちょく欠点が出てくる。最終的な評価はこんなところかと思います。

▼雑感
詳細は、批評空間投稿レビューをご覧下さい。

今回は思い入れのある作品だったので割と気合いを入れて書いたはずなんだけど……大していつもとかわらなかったですね(てへぺろ)。まあ、どう考えてもシリーズのファンの人しか見ないだろうと思いつつ、もしかしたらこの作品でシリーズに入ろうと考えているかも知れない人を多少意識して、シリーズの特徴やらを踏まえながら情報提示する感じにしています。なので、知っている人には退屈な内容とか、特に興味のない人にはまるで意味のない内容がぱらぱら、バランス悪く入っているように見えるかも知れません。でも、全然知らない人には多少わかりやすいかな? この作品をきっかけに誰かシリーズに入っていく人がいたら嬉しいんですが……。せめて、デジタル設定資料とか過去の年表とかつけて欲しかったなぁ。

あたかも全然駄目みたいな書き方になっていると思われるかも知れませんが、割と抜けたと言っている通り、単発のエロは悪くないです。特に今回は、魔法戦士を再調教して劇場で働かせるスペシャルシナリオが本当に良かった。

『今すぐ犯しに行ける魔法戦士!』というキャッチコピーで劇場を設立したダイダロス。そこでリップ・レナ・シータの3人のパワーを半分に、性感を倍に引きあげて、魔物と戦わせるイベントを企画します。魔法戦士フィギュアについている「犯し券」を持っていくと劇場に入場可能という某アイドルグループっぽい設定です。なお、その魔物というのは中身が一般人。魔物フィギュア購入者に渡される「魔物券」を使うと魔物に変身して魔法戦士と戦う機会を得られる、というシステム。「犯し券」だけしかもっていない人は、屑市民役でHに参加します(笑)。

「まだ、全然出し足りないんでしょ?このいやらしいアソコから、まだまだオシッコも愛液も出したくてたまらないんでしょう?カエルちゃんには、わかります。なぜなら、放尿好きのカエルちゃんだからです」

とのたまう魔物・カエルちゃんがとても素敵でした。こういう精神責め・言葉責めは大歓迎。恥じらいの残っているリップをコントロール不能の快感に引きずり込む、素敵なカエルちゃんでした。こういうものに、わたしはなりたい。

衆人環視系Hが多いのは相変わらずですが、今回は初めから堕ちかかっているぶん、最初から飛ばしていた感じがあります。この辺は本当ならじっくりねちっこくプロセスを描いてほしかったかな。

あと今回は攻略無し(選択肢が一切無いので)です。なので、投稿した感想から作品のデータだけ転記しておきます。なにか間違いや気づきの点などあれば教えて頂けると幸いです。
本作のシナリオは以下。
[1] スイートリップ 「遺された淫約の罠」
メッツァーとの戦いの後、復学した凛々子(スイートリップ)。だが、倒したはずのメッツァーが遺した罠にかかり、変身を解くことができなくなってしまった。変身を解除するために、「七つの淫約」という淫らな行為を履行する。
[2] エンシェル・レナ 「もう一つの調教計画」
アザハイト帝国との戦いの最中、孤立してしまったレナ。実はそれは、倒したはずのディネロのAIが仕掛けた罠だった。レナはAIディネロによって再び淫らな調教へと誘われる。
[3] レムティアシータ 「羞恥願望の果てに」
地上で魔力犯罪を取り締まる任務についたくるみ(レムティアシータ)。しかし、シータに変身して悪人を取り締まるたびに身体が疼き、自慰に耽ってしまう。ある日その映像がネットに流出し、シータの秘密が暴露されてしまう。

以上3シナリオをクリアすると、「スペシャルシナリオ」4本が解放される。

[1] 「再調教された戦士たちのその後」
 ダイダロアに捕縛された魔法戦士たち。
 彼は旧メガリンク本社に「劇場」を作り、そこで魔法戦士たちのショーを企画する。
 入場チケットは、魔法戦士フィギュアを買うとついてくる「犯し券」。
 キャッチコピーは、『今、犯しに行ける魔法戦士』。
 「犯し券」を手にした屑市民たちが魔物に変身し、弱った戦士たちに襲いかかる。

[2] 「上魔ヘルメの妄想劇場」
 しみじみと静かに、ヘルメの考えたエロ小説を読む。登場人物はもちろん魔法戦士。
 レナ : 某国に捕まって実験台にされる
 シータ: フタナリ化したくるみが電車の中で自慰
 リップ: AVのアイドルになった凛々子がファンの前でオナニーライブ

[3] 「魔法戦士にせまられるっ」
 失敗続きの新人サポーターをスイートリップが足コキで教育
 エンシェル・レナが盗撮男を捕まえてHなオシオキ
 レムティアシータが下魔とHして元の世界へ送り返す

[4] 「いもまほっ! 〜もしも俺の妹がある日突然魔法戦士になったら〜」
 主人公の妹である玲奈、くるみ、凛々子の三人は、実は魔法戦士だった!
 魔法戦士に変身した彼女たちが、大好きなお兄ちゃんを取り合って性的なバトルを展開する話。

【CG・シーン】
CGは差分なし49枚、差分込み777枚。シーン数46。

リップ: 14枚/14シーン
レ ナ: 15枚/14シーン
シータ: 14枚/14シーン
複 数:  6枚/4シーン

【おまけ】
「魔法戦士」シリーズ
1) 魔法戦士スイートナイツ 2002年
2) 魔法戦士プリンセスティア 2003年
3) 魔法戦士スイートナイツ2 2004年
4) 光臨天使エンシェル・レナ 2005年
5) 魔法戦士スイートナイツ コンプリート DISC 2005年
6) 魔法戦士シンフォニックナイツ 2007年
7) 魔法戦士エリクシルナイツ 2007年
8) セイクリッドグラウンド 2008年
9) 魔法戦士レムティアナイツ 2008年
10) 来てね!魔法戦士の学園祭 2009年
11) 魔法戦士 Complete Disc2 2010年
12) 魔法戦士フェアリーメイズ 2011年
13) 魔法戦士エクストラステージ 2012年

※『スイートナイツ』から『レムティアナイツ』までは共通の世界観。全体としては異世界ロアの統治権をかけ、ティアナ率いる魔法戦士たちと闇の勢力のボス・メッツァーとの戦いが中心。単純な敵対関係に終わらず、敵対する間柄での恋愛関係などもちょくちょく差し挟まれる。一応扱いとしては完結しており、今回の『エクストラステージ』はその完結後の世界が描かれているという位置づけ。なお、『フェアリーメイズ』はこれまでのシリーズとは世界観が異なっている。

その他似たような設定の変身ヒロインもの
・たたかえ!プリンセス 1999年 (「正義の味方」を目指す変身ヒロイン)
・AXIA 2006年 (設定が魔法戦士ではなく魔法使い)
・魔動装兵クラインハーゼ 2009年 (魔動装機という兵器を装着して戦うSF)
・エグゼクタースクリプト 2010年 (魔法でなく「アビリティ」。魔法戦士でなく「エグゼクター」)
・妄想ぷろとこる! 2011年 (ヒロインの一人が姫魔法少女)
・ヴァンパイアクルセイダーズ 2012年 (変身ヒロインがヴァンパイア)

※『エグゼクター』を「魔法戦士」シリーズに入れる場合もあるようですが、プレイした印象では別物。公式などできちんと位置づけがされているかは寡聞にして存じませんので、もしご存知の方がいればご教示ください。

それでは、また明日。お疲れさまでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「レビュー:『魔法戦士エクストラステージ 〜10th Anniversary〜』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
DTIブログが閉鎖する話(つまりここも引っ越します) (2013/09/26)
レビュー:『大犯盛』 (2012/11/29)
攻略:『ツルペタ!』 (2012/11/16)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら