よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/11/14(水) 06:23:28

エロゲーには、「ユーザー葉書」という制度があります。

製品に対するアンケート昔はメーカーさん側の配慮により切手を貼る必要は無かったので気楽に返信できたのですが、不景気のアオリをうけたのか、あるいはそもそも返信数が少ないのでペイされないと思ったのか、最近はユーザーが切手を貼って返送する形がふえました。このため、ますます返送率は悪くなり、もうユーザー葉書なんていらないんじゃないの……なんていう声もきかれます。

実際、幾つかのメーカーさんでは(たとえばHEAT-SOFTさんとか)アンケート用の葉書が入っていたことはありませんし、萌えゲーアワードのアワードコードだけが同封されているというところも増えてきました。

また、DL販売の増加に伴って物理的に葉書を入れられなくなり、今後はアンケートフォームやメールといった形式が増えていくのではないかと思っています。

とはいえ、メーカー側に全くメリットが無いかといえば、そういうわけでもないでしょう。

メーカーさん側は明確に書きづらいことですが、販促の一つとして考えるとユーザー葉書は効果があります。たとえば、「ユーザー葉書を送ってくれた人の中から抽選で声優さんのサイン色紙をプレゼント」というような形式。声優さんや原画家さんのファンがいれば、確実に購入数が増えます。しかもこれは、物理的にモノを買わなくては葉書を送ることができませんから、いわゆる「違法」なゲームプレイを減らす……ことはできなくても、増やすことは恐らく無いと思われます。

また、「50円切手を貼ってでも意見を送ってくれる」ような熱心なファンがどのくらいいるかを見極めることができます。たとえアンケート葉書でボロクソ貶してあったとしても、切手を貼ってでも送ろうと思ったならそれはある意味でメーカーなりブランドなりのためを思ってのことであり(『下級生2』のディスク割とかは自己アピールなので別として)、耳を傾けるに値する意見です。少なくとも、いたずらややってもいないのに意見を送るということはまず無い。これは、WEBアンケートや誰でも送ることのできるメールフォームからの投稿には無いメリットです。

もちろんこれは、アンケートの内容とは関係がありません。ユーザー葉書に載っているアンケートの目的というのは、「今後の作成の参考にする」ためであり、それを考えると玉石混淆であってもより多くの母集団から意見が集まった方が良い……というのは十分妥当な考え方です。しかし、ユーザー葉書を返送してくれる「確実に買ってくれている」人に好印象を与えることを目指すというのも、戦略としてはあり得るように思われます。

一方ユーザーの側からすればどうか。正直、あんまりメリットは無いかも知れません。

上述の「プレゼント」がある場合、かなり競争率が低くなるのでプレゼントが貰いやすい……というくらいはあるかな? あとは、葉書なら絵を描けるとか。うん、正直あんまり思いつかないや(笑)。ユーザー葉書を送ってくれた人にはもれなくお返し葉書が送られてくるとかはそれなりに嬉しいとは思いますけど、そういうところ最近は随分減ったし……。最近だとYatagarasuさんが『古色〜』で企画しておられたので完全に死滅したわけでもなさそうですが。

ユーザーからすれば、送るのにお金はかかるわ手書きだわ、面倒なことこのうえない。それは確かです。しかも個人情報まで書かないとダメ……。でも、私は結構ユーザー葉書って好きなんですよね。

まず、アンケートの項目でブランドの特徴が見えます。たとえば、先日感想を書いた『催眠遊戯』(スタッフィング)では、評価項目に「シナリオ」とか「ストーリー」のようなものがありませんでした。こちらとしてはその辺を凄く高く評価したいのに、おや? という感じです。

こまめにアンケート葉書の内容を(作品ごとに)かえてくるブランドさんとか、逆にRPGだろうがADVだろうが同じ項目で評価させてくるブランドさんとか、そういうこところでも姿勢は見える。

そんなのWEBアンケートだって同じじゃないかと言われそうですが、違います。ユーザー葉書のアンケートは、限られたスペースの中に盛り込まなくてはいけませんから、本当に聞きたいこと、重要だと思っていることしか載らない(原則的には)はずです。そういう制約によって見えてくるものがある。

あと、私は古い人間なので、できれば感謝は手書きで伝えたいというのがあります。エロゲーをプレイし終えて最初にやりたいのは、たとえそれがどんなクソゲーであっても、スタッフの方に感謝を伝えることです。単にヨイショするというのではなく、その作品に対する率直な感想を伝えることが、ユーザーにできる最大の感謝の表明だと私は考えているので、ユーザー葉書によってそれが可能になるのは(メールフォームでも良いのですが)やはり嬉しい。プレイ後の〆をした、という気になれます。

どうでも良いけど一番困るのは、「うちのブランドで描いて欲しい原画家さんやライターさんっていますか?」みたいな質問。他社の専属スタッフみたいな人の名前とか挙げてもいいんでしょうかね(笑)。こういう質問って、本当にその人に依頼するつもりのアンケートなのか、回答結果から自分たちのブランドイメージを推し量るためのアンケートなのかよくわからず、結局メジャーな人のお名前を書いてしまうことが多い……。いまだに慣れません。

まあそんなこんなで、もはや時勢にあわないとは知りつつも、ユーザー葉書を各ブランドさんは入れてくれるとありがたいなぁ、という話でした。

それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「ユーザー葉書の話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
雪菜タペ瞬コロで切なさ炸裂 (2013/10/29)
ネクストンさんからブツが届いた話 (2013/01/30)
グリザイアミュージアムに行ってきた (2012/03/19)
コメント

アンケ葉書、減りましたねー。オンラインアンケートと並行してるところも増えて。
私もなるべくハガキを書いて送るタイプなのですが、今年は「ころげて」と「古色」しか出してない気がします。
おっしゃる通り、50円使って特にメリットの無い行為をするなんて、このご時勢、廃れて当然かもしれませんw それでもなんだか好きなんですよねーアンケ葉書。( ´ω`)

> どうでも良いけど一番困るのは、「うちのブランドで描いて欲しい原画家さんやライターさんっていますか?」みたいな質問。
至る所で好きなライターさんの名前を書いてたら、好きなブランドでその方が起用されたことがあります。あの時はテンション上がりました。
企画時の参考にはしてるんじゃないかなーと思い、それからも好き勝手書き続けてますよー。他社所属の方一人、フリーの人数人、という感じで微妙に気をつかいつつw

そういえば古色の舞さんのパジャマ姿が届くのはまだかしら……ドキドキ。
他のところもこういうパジャマ的なお返しがあればいいのに。

ゆず茶さん江

こんな情勢でも葉書を送っているゆず茶さんさすがです……私は葉書マニアなので、48teさんの新作から「あな好き」まで買った奴でついてたら全部送ってますが……なぜか「リボハン」の葉書だけ手元に残ってます。不思議不思議。

おおお……やはり採用あるんですね、「好きなライターさん」。それはテンションあがるなあ。羨ましいです。因みにどなただったんだろう。私、気になります!

舞さんの寝姿は届くのを今か今かと待っていますがなかなか来ませんね……(´・ω・`) 忘れた頃にやってくるのでしょうか。他ブランドさんも確かにこういうのがあれば、こちらとしても葉書を出し甲斐があります。アンケートにこたえたらデジタルデータの壁紙とかでも良いんですが、やっぱりモノが来る方がありがたいですね〜。

> 好きなライターさん
保住圭さんです。「まいにち好きして」で感銘を受けて以来ファンなのです。( ´∀`)

ってか「あな好き」買ってたとは思いませんでしたw 批評空間のレビュー読みましたよ!
三十路前処女が謎の超優遇仕様と聞いて俄然欲しくなってきてます。おのれー。

ゆず茶さん江(2)

おお……。なるほど! 私は『こんぶ』でやられたクチです。やはり時代はイチャラブ……。

「あな好き」は友人の強い勧めで買いました。レビュー読んで頂いたということで恐縮です(;´Д`)人。点数は低めですが、割と面白かったというかやってよかったと思います。満足度高め。

三十路を目前に控えた清華先生はウブな肉食獣でした……。かわいい。つーか、他のキャラのHが少なすぎるんですけどね。本編では1シーンか2シーンしかありませんし。ほぼヤって終わりで、あとはオマケHです……(´・ω・`)。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら