よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/11/20(火) 22:30:11

あなすき
タイトル:『あなたの事を好きと言わせて』(プラリネ/2012年10月26日)
原画:了藤誠仁、キグナス、吉飛雄馬、鳥取砂丘(SD)
シナリオ:来夢みんと、黒白線、mizuki ryo、結城、月波流砂、冬葉小鳩
公式:『あなたの事を好きと言わせて』 OHP
定価:8800円
評価:C(A〜E)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
物足りない作品でした。が、正直かなりイイ線行ってました。物足りなさというのは二種類あると私は思っています。一つは「全然足りない」という単に要求水準に届いていないので、もう一つは「もっとこうあって欲しかった」という、こちらがハードルを上げたくなるもの。この作品は私にとっては後者でした。「恋人ごっこ」という面白い要素だけではなくて、魅力的なキャラや良い感じのエピソードが単発で差し挟まれ、どんどん期待が高まる。しかし、それが綺麗にまとまりきることはなく、中途半端に終わった感があります。「これをもっと活かせば……」という勿体ない気分になるのですが、少なくともそのくらいには魅力的な良作。何より、やっている最中に楽しいなと思えたので「アタリ」と言って良いと思います。

▼雑感
典型的萌えゲーというと、萌えゲーってそもそも何と言われそうですが、抜きゲーではなく、シナリオになにか哲学的なテーマや社会的な視点が含まれているかというとそんなこともなく、推理やハードボイルドでもなく、ましてホラーでもないので、とりあえず標準的な学園エロゲーということにさせてください。

明るく人当たりの良い美少女転校生・由希乃と「恋人ごっこ」をすることになった主人公・孝介。しかもコイツ、実家は大金持ちで本人は何をやっても人並み以上の才能を発揮できるスーパーマンという、実に羨ましい野郎。エロゲーの主人公じゃなかったらぶん殴っているところです。

そんな孝介が、「恋人ごっこ」をダラダラ続けながら本当の恋人を手に入れるというストーリーなのですが……ぶっちゃけ、「本当の恋は何か」とか、そういうテーマ掘り下げ系には行きません。単に、由希乃なら由希乃、他の女の子なら他の女の子と仲良くなってお終いという。……「恋人ごっこ」とは何だったのか。

冗談めかしてかきましたが、本作のポイントはそこに尽きると思います。劇的なことなど何もない、ごくごく普通の恋愛を描いたというならそれでも構わないのですが(そしてそういうものとして見るなら、割と良くできています)、だとすれば「恋人ごっこ」という突拍子もないスタートが邪魔。由希乃の存在は清華ルートを除き、基本的に最後まで響いてきますし、何よりも最初のイベントのインパクトを超えるドラマをユーザーは期待してしまう。平凡な学園生活を……というのはちょっと無理があります。

逆に、「恋人ごっこ」を活かすならイベントが普通すぎ。もっと由希乃との別れを派手にして、いっそ痛みが伴うくらいにしてもよかった。その痛みの大きさが、逆説的に他のヒロインの魅力をあらわすことになるのですから。

あと、付き合うまでがメインで付き合ってからのイチャラブは殆どありません。その辺は好みですが、もうちょっと「恋人」感があってもよかったかなぁ。でもタイトルが「好きと言わせて」ですから、言った時点で終わるのは仕方ないかもしれず。

清華さんだけ13シーンもあるのに、他のメンバーは3〜4シーンというのは、本当にどうしてこうなったんでしょう。プレイ中、CGの埋まり方を見て(清華を最後にしていた)、てっきり隠れシナリオがあるものとばかり思っていたら、まさかの展開に度肝をぬかれました。

『デュエリストエンゲージ』に続いてこの作品も「惜しい」ところで止まっている感じがするのですが、どこかで大ブレイクしてほしいなあ。それだけのポテンシャルは垣間見えているので、次に期待したいです。

お気に入りは七緒。知り合って2年のはずなんですが(確か)、完全に幼なじみ的ポジションです。ぶっちゃけこの作品のタイトルは、七緒のためにあったと言っても言い過ぎではないでしょう。かわいくて、健気で、たとえ恋人関係になれなくても最後まで孝介の側にいてくれる。恋を超えた愛を感じさせてくれるヒロインです。イチオシ。

いぬすき
どうでも良いけど作中もらってくる犬がめっちゃかわいかったです。

ということで、本日はこれまで。また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「レビュー:『あなたの事を好きと言わせて』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レビュー:『エロゲーしようよっ!』 (2012/02/22)
お知らせ (2013/01/15)
レビュー:『獣ノ躾』(+攻略) (2012/02/14)
コメント

2000字ジャストは狙い通りですか?

ズボンを穿いていたけどチャック全開で風邪気味のokjです。お久しぶりです。

珍しくレビュー作品がかぶったみたいなので、こっそりやってきました〜

あな好きは私の10月購入作品一目惚れ枠です。比較的情報を遮断するタイプなのですが、さらにドキドキ感を失わないために店頭でパッケージだけ見て突撃するのが一目惚れ枠なのです。

結果は、・・・あはは(笑)た、楽しかったですよ〜
真面目な話、清華先生は余裕でストライクゾーン内なので!
物語的には残念というかもったいなかったですね〜

へそ天の犬は可愛いですよね、モフモフしたい。
でも私は猫派だったりします、理由はツンデレ好きだから!

最後にラーメン〜くだりの続きが気になったら花色ヘプタグラムのレビューに突撃するのだ〜!(宣伝、宣伝)

okjさん江

コメントありがとうございます(。・x・)ゝ。2000字は調整しました! 私は字数で時々遊んでいるんですが、そこにつっこんでくださったのはokjさんが初めてです! ありがとうありがとう。

お風邪大丈夫かしら……お大事にしてください(´・ω・`)。ちなみに私はズボンを下ろすのが寒い時期なので、はいたままやる方法を模索中です。エロ同人だとよくあるシチュなのに、自分でやるのは難しいな……。

okjさんのレビューも拝読しました! 「典型的萌えゲー」というのはokjさんの一言感想に宛てた公開私信……というほどではないにしても、私も萌えゲーだと思います(BBAゲーかどうかはおいといて)、というつもりでした。

しかし、ホントにバランス悪かったですね。ウタマーロ状態は(これ爆笑しました)ともかく、ライターさんのお名前がずらり並んでいますがそのせいなんでしょうか。

鳥取砂丘さんの絵はもうちょっとあっても良かったかな。勿体ないと私も思う(´・ω・`)。

ストーリー的な微妙さは、okjさんが仰っている「ヒロイン脱落型」なところにも原因があるのかなと思っています。主にシステム的な部分で脱落していくわけですが、孝介を好きでもなんでもない娘が「脱落」しても、だからなに? という。その方針を活かせるのは七緒しかいなかったかなあ。汐音とか名前すら知らずにすれちがい通信ですし……。

花ヘプは買っていないけど購入ありえないとは言い切れないのでまだ拝見していなかったのですが……。なるほど、ダブルスープ(驚)。ニューウエーブ系にすべきだったわけですね! ……なんか『らーめん発見伝』を思い出しました。

プレイ後の作品についてワイワイ言えるのは楽しい! お声かけくださってありがとうございましたヽ( ´ー`)ノ。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら