よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/01/09(水) 22:01:58

私の親はおしゃべりで、またとにかく人当たりがいい方だったので、交通機関を利用するとその場の人とよくしゃべったりしていました。私はシャイボーイなのでそこまでアグレッシブにはなれないのですが、いわゆるテンプレートな形にあてはめるやりとりは、門前の小僧なんとやらで身についてしまった。その中の一つに、「バスを降りるときにお礼を言う」というのがあります。

いま東京の都バスは、前から乗って後ろから降りる形式なので下車時に運転手さんと触れ合うことはありませんが、私が住んでいた関西の田舎では、後ろから乗って前から降りる(そのときに料金を払う)システムでした。で、降りるときに「ありがとう」というわけです。

そういう癖が染み付いているせいか、なんかバスに乗るときは一言ないと申し訳ない気がして、(滅多に乗らないのですが)昨今はバス乗車時に「お世話になります」とか、「よろしくお願いします」みたいなことを言って乗るようにしてるんですね。

ところが今日、それを聞いた同行者が「OYOYOくんって変わってるね」と言った。こういう事情なんですよ、と上の話をしたところ、「別に降りる時もお礼とかいらないでしょ。それは丁寧通り越して気持ち悪い」と言われてしまいました。「お客なんだからサービスに対してはお金払えばそれで良いんだ」と。

そのような意見に反発するつもりは無くて、なるほど人によってはそう見えるのかーという驚きがありました。私は、たとい対価を払っていても礼を言えば良いと思うし、割と私が住んでいた地方ではメジャーな習慣だったのですが、過剰に下てに出ているといわれれば、そう見えなくもないのかもしれません。このあたりは時代性の問題なのか地域性の問題なのか、よくわかりませんけれども。

ただ、その時に思ったのはちょっと別のことでございまして、彼が「気持ち悪い」と思ったのは挨拶をすることの過剰な丁寧さではなくて、「声をかける」という、その部分なのではないかな、と。

というのも、色々話をしていて、彼は別に挨拶が丁寧すぎるとは思っていないような気がしたんですね。というか、普通に考えてあるサービスを提供してくれた(してくれる)相手に一声かけるというのは、特殊でもなんでもないと思うわけです。しかし、彼はバスの運転手さんに声をかけるのがためらわれるという。これは要するに、見知らぬ相手に声をかけるという、そのことに対するハードルがあがっているのではないかと。そして彼は、その部分を「丁寧すぎる」と表現してしまっているのではないか、と仮説をたてて訊ねてみた。すると、そのほうがしっくりくるかもしれない、という返事が返ってきました。

まあ実際のところはわかりませんよ。ただ、なんとなくですけれども、最近街中で「誰かに声をかける」シーンを見ることがが減ってきた気がする。

たとえば、誰かがものを落としたとしても無言で拾って渡したり。

足を踏んづけても無言で会釈だけだったり(会釈すらない場合もありますが)。

席を譲る人ですら、無言で立ち上がってジェスチャーだけで譲っていたりします。

声をはっする場面が全然ないというわけではありません。むしろ普通に見かける(「おとしましたよ!」と言ってる人とか)。でも、そこは呼びかけがあってもいいだろう、という場面で何もないというパターンをよく見かけるんですよね。私だけかしら。

あ、もちろん単純に音声を発しろ、と言いたいのではありません(発声できない方をどうこういいたいわけではないということです)。ただ、特定の誰かを対象としたアクションというのが起こしづらい空気があるのではないかという気がするんですよね。客引きやビラ配りをしている人なんかにも二種類のパターンがあって、不特定多数の誰かがいる「空間」に向かって、「おねがいしまーす」とか声をあげている人が圧倒的に多い。

声をかけるということは、特定の、いま目の前にいる「誰か」を見るということなのですが、何となく、最近はそういう「誰か」が像を結ばないようになってきたのかな、とか、そんなことを思ったのでした。

ちょっと思考が飛びすぎというか、何の根拠もない妄想みたいなものですが、自分が同人誌の売り子やってたときはまちがいなく「虚空に向かって」声を出していたなぁと思うと、なんとなく「誰かに向けるわけではない声」がひろがっている理由もわかるような気がしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「都会の「声」の届く場所」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
よみがえる携帯 (2013/05/29)
熱の恐怖 (2013/07/14)
ふんだり蹴ったり (2013/05/12)
コメント

スマート

書いてる途中で、勘違いを引き起こす可能性があり、気を悪くさせてしまうかもと思い書くのをやめました。せっかくなので、足跡つけていきます。ぺたぺた。

タケルさん江

コメント&閲覧ありがとうございます。

我ながらちょっと変なこと書いているので、突っ込みいれてくれて大丈夫です! 厳しいご意見でも、読んで頂いている・反応を頂けるというのは活力になりますし。

もちろん、こうしてちょっとしたコメント頂けるだけでもうれしいです。感謝です! (。・x・)ゝ

寒い日が続きますが、お風邪など召されないようお気をつけ下さい。それでは。

運転士さん

こんばんは。こちらでは初コメです。
関西で幼小と8年バス通学(通園)だったので運転士さんにお礼いうのは当たり前と思ってました。
確かに関東に行くと前乗りなんでタイミング確かに戸惑いますね。
始発駅だと○○行きますか?とか聞いてありがとうございます!って言えるんですけど。なんか、ありがとうというよりも「ご苦労様です」って感じです。

「誰かが像を結ばない」、いわれると確かにその傾向があるように思います。直接接触せずとも何かと用事が済む(ATM、自動改札、自販機)からこそ、接触の機会があるところではちゃんと声を掛けたいものだと思います。マナーとかではなくて、なんというか、人と人とのコミュニケーションとして。袖すりあうも多生の縁で。

ではでは。

てらぽんさん江

おお……こんばんは! こちらでははじめまして。

関西全域かどうかはわかりませんが、近畿地方(私の行ったことがある限りだと、兵庫、大阪、京都、奈良、和歌山)では「ありがとう」文化でした。

どうも私が上手く言えた感がなかったのですが、拾っていただいてありがとうございます。そうなんですよね。礼儀とかではなくて、人として、というのはしっくりきます。なんか人としての義務とかそういう話でもなくて、像を結ばない、匿名の「誰か」というのは、人なのだろうかとか、そんな感じで。

いや、そりゃ人なんでしょうけど。「人間」(間柄的存在)ではないよな、という。

てらぽんさんも東京遠征お疲れ様でした。楽しまれたようで(大変なこともあったみたいですが)何より。どうぞごゆるりと体をお休めになってください。

それでは。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら