よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/02/07(木) 18:13:02

なんでも擬人化すりゃ良いってもんじゃねーだろというか、一周まわってよくこんなの萌えキャラにしたなぁというのがこちら。

hizou
脾臓、知ってますよ。

《関連リンク》
臓物癒し系擬人化アイドル!?

肝臓ればるとか、盲腸てぃちゃという、萌えキャラとは思えない奇抜なネーミングセンスが非常に魅力的です。B級アイドルっぽい。

去年の夏ごろからご活躍だったんですね……全く存じませんでした。

2013年2月23日(土)に、秋葉原のロケットゲートでライブが行われるそうです。予定があって参加は厳しいのですが、いったいどういう客層の方が参加されるのか……狙いはプリ○ュア層? 私、気になります。というか、内臓フェチをターゲットにしてるのか、萌えキャラから内蔵に興味持って欲しいのか、どっちなんでしょうね。

ちなみに、ライブフォトもHPにはアップされていました。

もうこの業界なんでもアリやな、という清々しさの漂ってくる企画ではありますが、しかし、こうやってなんでも萌えにしていった先に待ち受けるのは何なんでしょうね。擬人化して、萌えにして、コンテンツ化して、消費して……。ご当地ゆるキャラにしてもそうで、何というかこう、かつては「愛着」の表現方法だった擬人化が、いまは流通のための単なる手段になってしまっているような寂しさも感じます。無理にでもキャラをひねり出そう、みたいな。いや、昔から擬人化なんてそんなもんだったと言われればそうかもしれませんが。

とはいえ、私としてはこういう動きに反対というわけでもなくて、たとえば「日本鬼子」みたいに、政治的な動きをまるっと飲み込んで解毒するというか、骨抜きにしてしまうような萌え擬人化の力は凄いと思っています。全てをネタ化することで、別の文脈に置き換えてしまうというか。アレは、どんな言論人も平和主義者も成し得なかったことを、部分的にではあるけれど達成した稀有な例であると、そんな風に割と真面目に考えておりまして。なにせ「政治利用は粋ではない」というそのひとことに、素晴らしい意思を感じる(笑)。

萌え擬人化というのはおそらく、今後望む望まないにかかわらずますます先鋭化が進み、やがては飽きられ衰退していくのか、それとも消費のメインストリームに残り続けるのか。そのへんの未来は定かではありません。しかし、この何かを剥ぎ取り、新しく何かを加えていく力というのは、非常に面白いなぁと思う。願わくは、先に待つ可能性を見てみたい。

なので、萌え擬人化を推し進める方々には是非、やるからには本気で頑張ってほしいなぁと期待したくなるのでありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「なんでも萌えにすれば……」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
これはひどい、選挙の話 (2013/07/29)
せめて選挙らしく (2012/12/07)
意味わからないけど凄い「ABC予想」の話 (2012/09/20)
コメント

いや、これはひどい。って言ったら怒られちゃうんですかね。この手の文化はよくわからないので、あまり口出すのもアレなんですけど。

趣味:そろばん
(笑)
いやいやいや。つっこんじゃいけないんでしょうね。ホントは。

日本鬼子は僕もいいと思いました。ああいう形で「構ってスルー」は素晴らしいですね。

タケルさん江

コメントありがとうございます(。・x・)ゝ。

いやあ、人それぞれなんだと思いますけれども、これにノータイムで反応して、迷わずついていけてる方は相当前衛的なフィーリングの方だと思います。

趣味で言えば、肝臓ればる嬢は「しゅみ☆いんしゅ」だそうで、アイドルがそんなので本当に大丈夫か心配になりますし、血液ミシロ嬢に至っては「しゅみ☆ばずーか」ってもはや意味がわかりません。何なんでしょう、この微妙な設定……。

鬼子ちゃんほどのセンスと「ポリシー」のある擬人化が他にも出てきてくれることを祈りつつ、このへんで。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら