よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/03/06(水) 23:50:17

今日交差点で信号待ちしていると、ものすっごい気持ちよさそうに鼻歌うたいながら自転車がやってきまして。んで、信号の前で自転車が止まると同時に、鼻歌のほうもピタッと止まりました。

その彼は、再び走り出すと同時に鼻歌を再開していきまして、道行く人がニヤニヤ笑っていたわけです。私も含めて。

こういうのおそらくそんなに珍しい話でもないと思うって言うか、むしろ割りとよく見かける光景ですよね。そうでもない? 私は、結構出くわします。以前ひとりごとの話を記事にしましたけれども、私がひとりごと言ってる頻度より、鼻歌うたいながら疾走してる自転車とかバイクとかに遭遇する率のほうが高いと思う。動きが止まると同時にピタッと歌がとまるところまで一緒。ちゃんと測ってはおりませんけれども。

まあ、気持ちいいんでしょうね。特に誰の迷惑になってるわけでもないだろうし、風に乗って歌うのは、ストレス発散にはとても良いのかもしれません。歌は好きなんだけどなかなか歌う機会のない私としては、ちょっとうらやましいなぁと思ったりもします。歩きながら歌ってるとすごい目立つからなかなかできないし……。

と言いつつ、人気のない暗い夜道とかだと鼻歌歌いながら歩いたりもしますけどね。この前それでPerfumeのPuppy Loveを口ずさみながら帰宅していたら、「ツンデレーションきみが♪」あたりのところで、隣に住んでるお兄さんと鉢合わせしてごっつい気まずい思いをしました。

「ツンデレーションきm……あ、こんばんは」

「……こんばんは」

みたいな感じで。部屋に入って身もだえしました。絶望的ななんとやら。その後も一回似たような「事故」を起こしまして、以来路上での歩き鼻歌は慎むようにしております。

と、私の恥ずかしい話はどうでもよくて、まあやっぱりこう、歌うとストレス発散になったりもするわけで、そろそろヒトカラとかやってみようかなぁと思っています。慣れると楽しいらしいんですよね、ヒトカラ。敬愛する雪菜さんもヒトカラの女王だったし。人生何ごともやってみるのが大事。

吾、十八にしてエロゲーに志す。三十にしてヒトカラ(ちょっとサバ読んでます)。さて、四十と五十には何が来るんでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「歌う人たち」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『俺のAIR Novelがそんなに難しいわけがない』を読んだ話 (2013/01/03)
新作は、忘れた頃に、やってくる。 (2012/07/03)
ボタンがいっぱいついた話 (2013/04/18)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら