よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/05/27(月) 22:11:31

お昼にちょこっとつぶやいた内容でもあるんですが、何となく書き残しておきたくなったので、少し。

私は昔から、ゲームの「攻略本」、特にRPGの攻略本を見るのが好きでした。それは、単に攻略に詰まったからというのではなくて、そこに書かれているキャラクターやアイテムの詳細なデータやエピソード、絵なんかを見るため、という側面が大きかった。

FFの「解体真書」シリーズとか、データを見てるだけでワクワクしたし、DQのアイテムイラストを見ながら自分で鎧や剣の絵を描いてみたりとか、結構していました。なんかそういうのありません?

「あぶないみずぎ」とか、子供心ドキドキしたもんですよ……。

今はネット文化が盛んになり、「攻略サイト」のおかげで、攻略本と同程度の詳細なデータがあり、攻略本時代よりも丁寧な注意書きがついた(攻略本は公式であるがゆえに制限があって書けなかったこととかもあるんでしょうけど、サイトには基本無いので)攻略が、攻略本よりも圧倒的に安い値段で見られるようになりました。

しかし、「アイテムイラスト」のようなものに関しては、サイトさんではほとんど見ることができない。正直言うと、そのとは残念です。残念というか、物足りなさを感じる、のほうが正確かな?

盾や鎧にかぎらず、アクセサリーや消耗品がどんな形をしているか、どんな素材でできているか……。私は結構、そういうところに、(RPGに限らず)冒険する世界の息吹を感じるタイプです。

WEBのデータだけでゲームの攻略としては必要十分なはずなのに、攻略には不要な追加情報を求めるっていうのは、たぶん私だけじゃなくて他にも似たような人ってたくさんいると思うし、実際話をしていると少なからず出会います。

んで、そういう「世界のディテール」みたいなものを求める人にとってのゲームって、やっぱり単なるデータの集積された攻略対象というのではなくて、その中に自分が入っていく異世界みたいなものなのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

「アイテムの絵の話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
歌う人たち (2013/03/06)
アクセス数とニュースサイトさんの話 (2012/07/09)
紳士の御業 (2013/06/13)
コメント

Good evening!!

How are you?

Thank you for your interesting post!!

I understand your feeling.
As for me, METAL MAX (series) was such a game...
There is a site dedicated to the series.

Any way, to run into such game is very happy experience!

Good night & see you!!
日本語

Gastrallusさん江

どもです(。・x・)ゝ!

この辺の感覚分かってくださる方がいると嬉しいですね〜。

メタルマックスは名前こそ有名なので知っていてもやったことないんですが、いま画像検索して、「2」の絵とかは萌えとは違った路線のスタイリッシュさというか、色気があってちょっと良いなとか思ってました。

こういう体験できるゲームがあるっていうのはほんと、おっしゃるとおり「幸せ」だなぁと思います。またそういう幸せな出会いをしたいなぁ。

願わくは、40になっても50になっても、ゲームでわくわくし続けていたいものです。メーカーさんには、そういう強度のある作品も是非、作っていって欲しいと思います。

FMの解説本もいい感じ

効率よくクリアするためだけのデータオンリーな攻略本は好きではなかったのですが、そこに考察やら裏設定、詳細な武器のイラストとかが加わるといきなり魅力的な本に化けるんですよねぇ。

ロマンシングサガとかファイナルミッション、アーマードコアといった作品は劇中の歴史背景とか武器関連の開発史とか裏設定が楽しすぎる(笑)

ああ、FFも好きですよ〜7までですがb

ひかり&るなちーさん江

コメントありがとうございます。

私も、データオンリー攻略本はダメでした……。

裏設定は大好物で、わくわくしながら読んでました! ロマサガとかはほんとに楽しかったですねええええ。

私もFFをほぼ現役でやっていたのは「7」までですが、「5」とか「6」のあたりが攻略本、特に充実していた気がします。「5」はギルガメッシュの話とか好きで……。あとガラフ。

「げんじ」シリーズの防具のイラストやら、召喚獣のエピソードやらを何度も眺めていました。今読み直したら、印象変わってるかもしれませんね。

ドラクエの攻略本、モンスターの解説ページが好きでした。
そのモンスターの生態とか、進化のことがちょっと載っていて(○○の突然変異で人を襲うようになった〜みたいな)楽しかったです。

最近は「攻略本」と「資料集」が明確に分かれていっている印象があります。

feeさん江

コメントありがとうございます。

資料集がわかれてるのですか、なるほど。最近は、攻略本をあまり買わなくなってしまいましたから、疎くなっておりました。

モンスターの生態は、楽しいですよね! 夢が広がるというとおかしいけど、想像力が広がるというか。DQだと「4コマ漫画劇場」の影響もあったりして、ちょっとした内容から大きくキャラをふくらませる下地があったから、余計かもしれません。

なんか、アイマスとかにも通じるところがあるような……。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら