よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/06/30(日) 21:35:34

靴を長く履く人間にとって、梅雨から夏にかけてのこの時期というのは、特に靴ムレが気になる時期です。ぶっちゃけ、人前で靴を脱ぐと、それだけでものすごいニオイがする……なんて経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

私はあります。自慢じゃないけど。

「これはヤバイ」と思って以来、靴を脱いだら消臭スプレーをかける、靴の中敷を入れる、そして同じ靴は2日連続で履かないようにする(1日湿気を抜くだけで、全然違います)などの工夫をしているのですが、中敷も結構なスピードで消耗して、一夏もたない場合とかがあります。

んで、どうしたものかなぁと思っていたのですが、最近見かけたのが紙製のインソール。たとえば、こんなやつ。ダンボールみたいな紙でできていて、使い捨て。「1ヶ月」ってなってるのは、1枚が1ヶ月保つわけじゃなくて、1枚が2〜3日で合計10枚。1パック使い切る目安として1ヶ月ということ。

1000円程度でスポンジクッションやら活性炭素入りのインソールを買うことができる昨今、使い捨ての紙を選ぶ意味あんのか甚だ疑問だったのですが、モノは試しということで1パック買って履いてみました。

結果、1日でかなりボロボロになり、2日目は正直履くのをためらうレベル。3日目には破れそうな勢い……。正直、長期間(1日に5時間以上)靴を履き続ける人には全く向いてないと思います。当然、雨にも恐ろしく弱いでしょうから、梅雨の時期にはお勧めできそうにもないです。

通勤までの間靴を履いて、その後は職場でスリッパに替える人なら良いのかも。

ただ、一点他の中敷では代用の利かない役割があって、それは、ヘタリ具合で足から出た汗の量のものすごさがわかるということ。靴と靴下を履いている足の裏からは、1日に1リットルくらい汗をかいているといわれてもピンとこなかったのですが、ムレた蒸気もあるにせよ、ペーパーインソールがあっという間にふにゃふにゃになるのを見ると、汗の量の凄まじさを実感できます。凄いニオイが出るのも、なるほど納得と言った感じ。

まあでも、常識的に考えて紙の中敷きはやっぱり無かったですね……。上手に使いこなせたら快適なのかもしれないけど、そこまで気を使うくらいなら普通の中敷でいいや。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「紙製中敷」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
カンニング問題 (2013/07/20)
ブログ不調のお知らせ (2013/06/19)
フィギュアの魔力 (2012/10/09)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら