よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/07/19(金) 21:44:44

今日朝の電車(微ラッシュ)で前のおじさんがスマホを丸見えの状態でいじってたんですが、なんか痴漢サイト見てるんですよ。ハッキリ内容まではわからないけど、少なくとも痴漢冤罪対策とかそういうのじゃなくて、卑猥な写真とともに黒い背景に赤字で「痴漢」とデカデカと書かれているようなとこ。

もうね、アホかと。他人ごとなんですけど、言わずにおられない。

公序良俗に反するとかそういう話じゃなくて、誰かに見咎められたら一発でアウトですよ、たぶん。本人やる気なのか趣味で見てるだけなのか知りませんけど、絶対やめたほうがいい。しかも、ピーピングする気もない私に見られてるんですから、本気で覗くつもりの人が後ろだったら、バッチリ確認されていたでしょう。

電車内の男性は圧倒的に立場弱くて、とにかく被害者の女性が黒といえば白いものも黒になる世の中。痴漢サイトなんぞ見ていたところがうるさがたに発見されたら、「疑わしきは被害者の利益に」的な法則にしたがって豚箱行きなんてのも大げさな話ではありません。

しかも、痴漢はマジ人生狂います。日本ではとかく性犯罪が冷たい目で見られがちなところへもってきて、痴漢は卑劣で、しかも小心者がやる、みたいなイメージがある。攻撃しても反撃が来ないから堂々と攻撃する。昔……といっても小学生ぐらいの頃、私と同じマンションに痴漢で訴えられた人がいたんですが、それはもう恐ろしい速度でご近所じゅうにその話が広まり(小学生の私が聞き及ぶくらい)、「出て行け」運動みたいなのが展開されていました。

私は中学に入るときに引っ越したので、その後の顛末はよく知らないのですが、とにかく痴漢の犯人よりそれを攻撃している人たちのほうが、よほど恐ろしげであった記憶があります。

今は冤罪問題なんかもとりあげられ、あまりナイーブなことはできない状態が作られているのでしょうが、そういう、傍目には「行き過ぎ」の行為であっても、相手が痴漢なら許されるみたいな心理は、変わらず残っているように思われます。だから、とにかく容疑もかけられないように気をつけたい。

私は、鞄は網棚の上にのせ、両手を上に上げる。つり革につかまれなくても、バンザイしてます。そのくらいアピールしてちょうどかな、とか思ってる。文字通り、「触らぬ神にたたりなし」。ひたすら用心深く、卑屈に行くのが、満員電車の生存戦略です。

そのぶんの鬱憤は痴漢系エロゲーで晴らさせて頂きますけれども。

ああ〜。良い感じの痴漢ゲーでないですかね(駄)。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「満淫電車」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
高校野球の闇 (2013/08/26)
さらばNTR (2013/02/24)
廃人の、すごい、世界 (2013/08/28)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら