よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/07/20(土) 06:45:36

Togetterでまとめられていた「カンニング」に関する問題を読んでの、ちょっとした感想です。

参考 :「試験問題作成の憂鬱、カンニングはなぜいけないのか」(Togetter)

内容が結構あちこちに飛んでいるし、複数の論点があり、読者がどこに比重を置くかで解釈が変わる部分もあるので、本当は更に詳しくまとめたほうが良いんでしょうけれど、めんどくさいので省略。

とりあえず、ここで言われているのは試験の理念および目的との関係でカンニングが考えられるべきである、ということです。「「ダメに決まっているだろう」という人は多いが「なぜダメか」という理由については皆に一致する強力な論拠があるわけではない」というのが、全体を貫く軸(であると私は読みました)。

で、確かにご説ごもっともではあるんですが、ぶっちゃけ大学レベルの高等教育の話に限定されてる議論なんですよね。渡邊芳之さんはそのスタンスで語っておられるし。だから、大学未満の場所での試験ってどういう目的なのか、ということには余り触れられていない。そこで高校・義務教育段階に触れてみましょう、というのが今回の記事。別に、Togetterの内容に反対ということではないです。むしろ賛成に近い。ただ、大学未満だと様子はだいぶ変わるんじゃないかなという直感(直観ではなく)で出発しています。

じゃあ高校以下ではカンニングってどうなの? と言われたら、こりゃあまあ、大部分の人の答えは「悪」でありましょう。私も同意。持ち込みもアカン。そして、大学の場合とは異なり、概ね「皆に一致する強力な論拠」があるように思います。

なんせ高校以下の学校での学習は、学校の方針によって変わる部分はあるにせよ、基本的に「基礎学力」の習得と定着にあります。中卒で働くにせよ、大学以上で高等教育を受けるにせよ、「次のステップのために必要な知識を身につける」ことが目指されている。大学レベルなら「方法」を学ぶというのがメインにできそうですが、高校以下は、「方法」を用いる下地づくりです。

身につけるということは、自由に使いこなせるということです。たとえばシューティングゲームにたとえて考えてみましょう。Togetterにまとめられているのは、基本操作ができる状態で、あるステージで出てくる敵の対処法を覚えていなくても攻略本を見れば良い、という話。しかし、いくら「マニュアルを読めばできる」からといって、操作方法を全く覚えずいちいちマニュアルを見ていたら話になりませんよね。

格ゲーで言えば、対人で対戦するのが大学のテスト。その前に自キャラの操作キチンとできるようになってないと、いちいち波動拳コマンドからググって確認してるようではお話にならない。

足し算引き算は、電卓使えばできます。でも、現実にはお釣りを出す時に電卓叩けない。単語の意味や故事成語は、辞書を引けば載っています。でも、他の人との会話の際、あるいは自分が意見を述べる際に、いちいち辞書を引けない局面はたくさんでてくる。求められているのは、そのレベルの基本です。

小中高くらいの学習というのは基本を叩きこみ、どのくらい達成したかを確認するのが目的ですから、カンニングされたらその判断ができなくなります。

他にも、大学入試を考えたら大学の制度が持ち込み不可のところが多いから、トレーニングとして自分の力だけで解くように教えるのだという考え方や、カンニングは悪であるという一般通念を身につけさせる道徳的配慮だとか言うこともできるんでしょうが、このあたりは外的な問題で、システムが変われば消えてしまう話なので措くことにします。

肝心なことは、大学までで学ぶことというのは原則、自分の血肉になっていないと話にならんようなものだ、ということです。大学以上のレベルのことばかりに目が行くと見落としがちですが、きょうび、たとい「持ち込み可」にしても答案を書けない学生なんてやまのようにいます。高校ならたくさん、大学でも少なからず。

なんせ、資料を参照しても文字が読めない。以前古典を教えていたとき、単語帳に現代語訳で「奥ゆかしい」と書いてあったのですが、「奥ゆかしいってどういう意味ですか?」と訊かれたことがありました。そんな子が、辞書をひきひき形だけの訳文を書いたって高校教育としては意味無いわけです。

大学以下の試験の目標というのは、評価付けは副次的なものであって、本来的には、学生の知識の定着を(危機感を煽るというかたちで)サポートしたり、結果から自分に足りていないところを確認するところにあるのではないかと思っています。

まあもちろん、私の考えはやはりあるバイアスがかかったひとつの立場なんですけど、そもそもの話として中高レベルでカンニングや持ち込みを可にした場合、メリットってあるのかな。その辺考えてみようと思ったんですが、私にはあんまり思いつきませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「カンニング問題」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
サブリミナルというニセ科学 (2013/06/23)
エロゲー的なものは現実的である? (2013/04/27)
人外魔境 (2012/10/30)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら