よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/07/30(火) 22:15:53

暑い日が続きますね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私は毎日アホのようにがぶがぶ水を飲み、お腹を下し、食欲をなくし、汗は出るので水を飲み、ますます食欲がなくなり……という悪循環を続けております。

夏になると困るのが、服装。私服は適当でも良いんですけど、フォーマルな格好に迷います。最近はどこもクールビズOKというか推奨であるにしても、どこまで崩していいか、とか。あと、クールビズはちょっと気を抜くと、すぐだらしない格好に見えちゃうという欠点も有る。

結局私は、長袖のシャツを腕まくりしていることが比較的多いです。利点はいくつかあって、まずフォーマルな場にも対応しやすい。次に、日差しが強いときに一応日光をシャットアウトできる(私は肌が弱いので、焼けるとちょっと面倒なのです)。また、冷房がガンガン効いた場所では袖をもとに戻すと、多少冷気が緩和される……というわけです。

ただ、腕まくりは多少不恰好だし、どんなもんかなぁと悩んでいたらこんな記事を見つけました。

長袖シャツ、まくって着用」(読売オンライン 2013年7月16日)

以下、例の如くのデリート対策で少し引用します。

------------------------
 夏の仕事着に「クールビズ」スタイルが定着してきました。スマートに着こなすのは意外と難しいもの。3回にわたり、男性向けの服の選び方、着こなし方を紹介します。

 まずは、シャツ。半袖よりむしろ、長袖シャツの袖をまくって着ることを薦めます。夏しか着ない半袖より、上質な長袖を通年着用した方が経済的です。素材は綿100%のものが、汗をかいてもベタつきにくく、快適です。洗濯がしやすい形態安定加工のシャツを選ぶ人がいますが、ポリエステル混紡で汗がベタつきやすいため、夏にはあまり向いていません。

 鹿の子地の長袖のポロシャツもお薦めです。首回りに襟の立ち上がりを作る台襟がつき、袖口にカフスがついているタイプです。アイロン不要で、ジャケットを羽織ってもしっくりきます。一般的なポロシャツより、きちんとした印象になります。

 スラックスはウール100%の素材のものがいいでしょう。暑いと思われがちですが、夏用の薄いサマーウールなら、吸湿性、速乾性に優れ、意外にさらさらした肌触りです。シワもとれやすいのが特徴です。汗をたくさんかくので自宅でスラックスを洗いたいという人は、ポリエステル混紡の洗濯可能なタイプのものを選ぶといいでしょう。

------------------------

どうやら、腕まくりもきちんとやりゃファッションとして認められるようで、ありがたい話。まああんまりだらしなくまくるのは良くないんでしょうけど。

あと、さらっと書いてある「素材は綿100%のものが、汗をかいてもベタつきにくく、快適です。洗濯がしやすい形態安定加工のシャツを選ぶ人がいますが、ポリエステル混紡で汗がベタつきやすいため、夏にはあまり向いていません。」というのは完全に同意。ポリエステル入ってるとべたつく貼り付くで、個人的にはいいこと無しだなーと思ってます。最近はTシャツで綿100じゃない「サラッと感」をウリにしたものが増えましたが、あれは逆効果だよなぁと。

カジュアルな格好の時も、半袖にこだわらず、長袖を腕まくりで出かけていいのかもしれません。今度から場合によってはそうしようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「真夏の袖」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
魔法使いの夜の軌跡 (2012/02/01)
いろいろ間違ってる (2013/11/14)
マスメディアの力 (2013/12/07)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら