よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/08/11(日) 00:49:31

C84、初日終了お疲れ様でした。

いや〜、想像以上にヤバかったです。暑い、人多い。トラブルも続出でした。記事にコメント等も頂戴していてお返事もしたいのですが、とりあえず更新記事を先に書かせて頂きます。

今回私は、5:11 に京葉線で東京駅を出て、新木場からの始発で5:40に国際展示場駅へ。高速バスや周辺ホテル・タクシーを利用した「始着」組、大崎からの始発組にはかないませんが、一応「始発」で現地へ向かいました。

東京駅から既に、周りの迷惑かえりみず、ダッシュで走り回る参加者(と思しきひとびと)が続出。「国際展示場」駅につくと、「落ち着いてゆっくりすすんでください、ホームは危険なので走らないでくださ〜〜い」という駅員さんの掛け声虚しく、押すわ引っ張るわ、走る人ばかりでした。こういうの見ると、オタクは基本ルールを良く守り礼儀正しい、なんてのは嘘だよなぁと思います。いや、走ってるやつらを「オタク」とは認めない、というのなら別です。

まあそんな走っても、大して違いはしない。のんびり行けばいいよ……なんて思っていたのですが。

到着してみるとまちうけていたのは人・人・人。異様な数の人の群れが、既に現地を埋め尽くしています。結果、列に組み込まれたのは「始発」より遅い列車で来ている例年と同じか、それより後ろくらいのポジションでした。徹夜組とかもいますしね

西4ホール・企業を目指して並びました。不思議なもので、あれだけわたわたしていた参加者たちも、いったん並んでしまうとおとなしく、礼儀正しいオタクへと変化します。コミケ参加者はときどき、「並びのプロ」だの「行列の芸術家」 だのと言われますが、ほんとそんな感じ。整然と、粛々と並びます。それがあたかも、自分の使命であるかのように。

で、待ってる間。

暑い。

そして

くさい。

とにかく気温も湿度も高い。朝から直射日光も降り注ぐ。やってられません。滝のように流れる汗。当然それは周りの参加者の皆さんも同じですから、その汗と汗とが混ざり合い、あたり一帯は汗のニオイのまざりあった、淀んだ空気に支配されます。暑さだけじゃなく、においで気持ち悪くなった人もいた模様……。悲惨です。

私は、身体に「8x4」を塗りたくって、自分のにおいを抑えるとともに、周りのにおいも中和を試みていました。まあ、近くの女性陣がにおい消しにやっきだったので、それは助かりましたが……。彼女たち、平然と列の中でスプレー使うので、そばにいたお兄さんがくしゃみしまくっていてちょっと気の毒でした。せめて、列から出て使おうよ……。

あと、参加者の中には、アニメ・ゲーム系のブランケットや抱きまくらを身にまとっている人が結構いるんですが、そのうちの一人があからさまな18禁(具体的には何かのキャラのま○こがド・アップで描かれている)のグッズを身にまとっていて、スタッフから注意されていました。こういうのを、公序良俗をわきまえないバカっていうんだな、としみじみ感じました。


そんなこんなで待機していて、ようやく進軍が始まったのが9時半ごろ。当然10時開場に場内に入ってるなんてことはできず。それにしても、列が後ろ過ぎます。

さっき申し上げたとおり、私は企業目当てで参加していたのですが、西4ホールへ向かう階段どころか、その手前のタリーズコーヒーすら見えません。ビッグサイト正面の大階段を登ってすぐ、大スクリーンがかろうじて見えるくらいのところでのスタンバイになりました。

なんでこんな後ろに並んでるんだろう? と思っていたら、どうやらいつもとは移動ルートが変更されていた模様。前回のコミケまででは、西4(企業)へ向かう集団は西1・2(コスプレ)へ向かう集団と途中で分けて、右側の階段を登るようになっていたのですが、今回はいったん西1・2の人たちと一緒に中に入れて、西1.2の中を通ってつっきったあと、ぐる〜〜っと駐車場のほうをまわって、大外の階段から入るという、何かの苦行みたいな大回りルートが展開。ちょっと文章だとわかりにくいかもしれないんですが、ご容赦下さい。

結果、企業ブースに入るのは遅れに遅れ、サークルなどで先に入り、東ブースで買い物をした人のほうが西に流れ込んでくるのが早くなる、みたいな状況が作られていました。先に入ったサークル入場者たちはともかく、一般参加者のINが遅れると、徹夜組が得をするだけなので、そこはちょっといただけない気もします。

しかしぶっちゃけた話、こんなに入場が遅くなると始発だろうが次発だろうが大してかわんないですね。大慌てで走ったりする意味ないですわ。

あとで他の参加者の方と、「どうしてこんなに西に入りづらかったのか」という話をしていたのですが、主な理由はおそらく3つ。

/佑例年より多かった
今日はとにかく人が多かった。恐らく、土曜日スタートだからでしょう。単純に人が増えたぶんは、初日の企業に吸い込まれやすく、そのためではないか、という話。どうやら初日の人数としては過去最多の、21万人が来場したみたいですね……。おそロシア。
中高生参加者が増えた
中高生の参加者は、アニメ関連で企業に参加することが多い。これが響いたのではないか。
ルート変更のせい
企業ブースに入るルートが、途中まで西1・2と一緒だったので、そのぶん列は長くなります。また、移動距離が単純に増えたので時間もかかったのでしょう。

他にも、朝から体調不良で倒れる人が続出し、その人たちのために介抱ルートを確保する必要があったり、私どもふつうの参加者にはあずかり知らぬような苦労もあったのかもしれません。ただとりあえず、今日は企業に入るの、異様に苦労させられました。


今回のお目当ては、オーガストさんのグッズ全般と、Leafさんの「WA2」関連商品でした。どちらも人気サークルなので、そこそこ長く待たされることを覚悟していたのですが……。

オーガストさんは、毎度のことながら、神レベルに列整理が上手

待機列は外のスロープの一番下まで続いているにもかかわらず、そこに並んでも、15分〜20分ほどでレジにたどり着きます(他だと1時間、ヘタすれば2時間かかる)。つまり、他のブースの3〜6倍くらいのスピードでお客を捌いている。それで接客が雑かというとまったくそんなことはなく、むしろ恐ろしく丁寧。購入したグッズを「紙袋に入れるか」と確認してくれるし(紙袋をいたませないために、グッズは他の袋にいれて紙袋を保存する人は結構いる)、「商品名」ではなく「キャラクター名」を言っても、すぐにグッズを出してくれます(他のブースだと、商品名を言ってもすぐに出てない時がある)。

列整理が上手と書きましたが、訓練された接客というやつで、本当に丁寧。延期をしない・ユーザーフレンドリーさを心がけるゲーム作りと同じような姿勢を感じて、頭が下がります。

オーガストさんでは、(1)『大図書館の羊飼い』のスピンオフストーリー「放課後しっぽデイズ」、(2)鈴木佳奈 等身大抱き枕カバー、(3)オーガスト/ARIA夏コミセット2013 の3点を購入。

続いてLeafブースへ。例年だとブースの人気 と列さばきの拙さ によって長蛇の列ができているのですが……今年はなぜかガラガラ。ほぼ待ち時間無しでレジへたどり着くことができました。

しかも、ただでさえ遅れて入ってオーガストさんを回っていたので11時半近くになっていたにもかかわらず、「先着順」で配布されていた明日のイベント(ラジオの公開録音)の整理券が手に入る始末。

今回Leaf/AQUAPLUSさんで販売されていたのは、『ダンジョントラベラーズ』関連がメインで、オプションとしてアニメ化が決まった『WHITE ALBUM2』という感じだったのですが……。

やっぱりタマ姉(To Heart2)のすっぽんぽんの抱きまくらとかでないと一般受けしないんですかね!? 並ぶ必要もなくお目当てのグッズを完璧に手に入れることができたので嬉しいは嬉しいのですが、自分の好きな作品の人気の微妙さがあきらかになったような感じがして、ちょっと微妙な気分でございました。


その後は、お友達と合流してあれこれまわったり、AXLブースでグッズ買ってみたり……。あ、ピンパイさんのブースで、「鬼作」抱きまくらを見かけました。全然売れてないらしい(笑)。


おまけでタオルとブロマイド(爆)がついてます。

まあネタを貫いたのカッコいいというべきかなんというか……。売れるとは思ってないんですが、人気投票で作ったんだし、投票した人せめて1、2人は買って上げて欲しいですね。

え、私? 私は、遺作さんなら買ったかもしれない!


結局、その後も色々回りましたが、一番並んだ壁サークルは自販機(壁際に有る)。次がトイレMirinさん曰く、「古参の大手サークル」だけあって、半端無い集客力でした。

私はそんな感じだったので荷物も軽く、基本的に室内行動で直射日光にも晒されず、水分補給も比較的自由に行えたのですが、もっと凄い列形成してるサークルさんに並んでおられた方々は、そりゃあもう想像を絶する大変さだったのではないかと思います。

実際、バタバタ倒れる人が出て、医務室(救護室)は満杯だったようですし。「倒れるなんて自己管理が甘い」みたいな声も聞かれましたが、今日(正確には昨日)の感じだと、自己管理していても倒れるのは避けられなかったんじゃないかなぁ。それくらい過酷な戦場でした。

この中で動きまわり、声を出し続けている運営スタッフの皆さんは本当にすごい。頭が下がります。ありがとうございます。批判もあるけれど私たちが楽しめているのは運営のみなさんのおかげです。3日間、体調にお気をつけて頑張ってください。

2日目以降も参加される皆さんは、どうぞお気をつけて。ゆっくり休息をとってください。倒れたら元も子もないし、無理の無い範囲で楽しんできてくださいませ。……といって、私もまた参加するんですけどね。倒れないようにしないと。

それではまた明日、お会いしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「C84・一日目を終えて」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おなかにヒット (2012/09/06)
明石焼きを食べてきた話 (2012/08/08)
今日の一日 (2013/04/07)
コメント

おつかれさまですー。
コミケレポ密かに楽しみにしていましたw

> 暑い。そして くさい。
((((;゚Д゚)))
コミケ行ったことないんで想像しかできませぬが……さぞかし過酷な現場だったのでしょうね……。自分なら確実に逃げ出す!
昨日は今年どころかここ最近でも一番の猛暑日とかなんとかで。確かにそんな日に何時間も外にいたらどんだけ自己管理してても身体がもつかどうかは体力次第な気がします。

およよさんは今日は急なお仕事のようで……お疲れ様です。
今日もそして3日目もお身体に気をつけてがんばってくださいませ!

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

ゆず茶さん江

コメント&おつかれありがとうございます!

過酷でした……。まさに酷暑。酷臭。私も何度か逃げそうになりました(笑)。周りではひと目もはばからず横になっている人が多かったし、列が動き始めた途端、貧血で倒れる人とかいましたし……。

ただ、睡眠不足とかの疲労を除けば朝から行く人はまだマシ(気温があがりきっていないから)で、本当にキツいのは11時とか12時ごろにきて、入場まで1〜2時間外で待たされた挙句、中に入っても長い列のサークルに並ぶ人かもしれません。いずれにしても本当に、自己管理が大事です……。

2日目は急な仕事で超悔しい思いをしました。コミケ当日キャンセルは初めてです。しょんぼり。

ゆず茶さんも機会があれば是非いちど、一緒にコミケにいきませんか! あまりこういうのお好きではないのかなと思いつつ、話のネタと思い出に。冬は日程がキツいことを除けば、比較的ラクですよっ。

鍵コメントへのお返事

鍵付きコメントへのお返事になります。

はじめまして、コメントありがとうございました。

初コミケが今回のような「記録的」な回だったのは、よかったのか悪かったのか……。ともあれお疲れ様でした! 臭いはほとにきつかったですね……。特に二日目は、伝説の「コミケ雲」が出ていたそうで。汗がやばかったんだろうなぁと、話を聞いて戦々恐々としていました。

コミケに通うのは、体力と覚悟が必要かもしれません。ただ逆に言えば、それさえあればなんとかなるところも……。私も初めてコミケにいったときは、右も左もわからず全然楽しめなかった記憶があります。次いかれるときは、もしよければご一緒させていただければと。少しくらいはご案内とかもできるかもしれませんし。

あと、私が売り子していたサークルに着たかったといってくださって、ありがとうございました。次も出店するかはわかりませんが、その際はお会いできると嬉しいです。

お名前をマスクしているのでお返事の方は公開しましたが、問題があればおっしゃってくださいませ。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら