よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/08/13(火) 22:17:01

昨日は書けなかったので、今日書きます! C84の残りレポート!

……の前に、拍手コメへのお返事を。

-----------------------
>マナー守らないオタク
20万人もいたら、何人かは非常識な人がはいっちゃうのはしょうがないのかもしれないんですけどね〜。逆に、3日間で50万人とか入っても、そこまで凄い暴動が起こらず、何年も続いているというのは凄いことなのかもしれません。スタッフの皆さんに頭が下がります。

いやまあ、私が知らないところで、細かい騒動は起こってるんでしょうけど。

しかしとはいえ、「やられる側」にとっては全体の総量なんぞ関係なく、一人から被害を被れば気分が悪いのは確か。「卑猥な絵の入った紙袋」で公共の場をねり歩くことなども含めて、「周囲への配慮」を忘れないようにしたいですね。こういうイベントを、やっぱり本当に「きちっと」楽しめることを誇りにする、そういうオタクでありたいです。
-----------------------

まず2日目。普段の3日目(成人向けのエロ同人とかメイン)が今回は2日目にまわりました。いつもは金・土・日なのが、今回は土・日・月だったせいだろうと思います。日曜日、社会人の人が来やすいようにという配慮ですね。つまり、本番です(笑)。

で、この日は13時から「WA2」のラジオ公録イベントがあったり、いろんな人とお会いする約束があったりでワクワク……だったのですが。

前日の疲れもあり、朝10時からのんびり出動したら、家を出たところでTEL。

番号を確認すると、職場。

 ( ゚д゚ )  ←私、こんな感じ。

なんか緊急のトラブルとかで、行くしか無い状況に。泣く泣く予定をキャンセルして向かいましたとさ。有明に到達していれば出なかったんですが(あるいは断ったのですが)、家出てすぐだったしなぁ……。

結局18時ごろまで対処に時間がかかってしまい、この日は参加できず。朝イチでコミケに向かわなかった自分を呪うべきなのか、傷口が広がる前にトラブルを解決できたことを喜ぶべきなのかわかりません……。でも心には悔しさだけが残りました(´・ω・`)。

唯一よかったことは、まだ体力を温存できたことくらいでしょうか。なんせこの日は昨日にも増して暑かったうえに湿度が98%もあったようで、ビッグサイト場内には「コミケ雲」が出ていたとか。都市伝説じゃなかったんですね、コミケ雲。初日、二日目で倒れた人は累計2000人にも及んだとか。ひどい話です。


で、3日目。

実はサークル参加してました。「E-LOGOS」というエロゲーの評論コピー誌です。2013年の上半期おすすめエロゲーを、各同人の評価コメントとともにまとめた内容です。編集長が7月頭に入院したせいで、出せるかわかんなかったんですが、なんとか残ったメンツで完成。というか私の文章2つも入れてもらえてありがたかったです。

-----
同人誌には、「レイプは犯罪です! 〜レイプしたって良いじゃない、人間だもの」というコラムと、「メタフィクションと孤独」という論攷を載せさせていただきました。まあ以前書いたことのある内容を整理しなおした感じのものですが、前者は半分ネタ。後者は、「メタフィクション」という構造はそもそも、「読者」と「フィクション」(物語)の関係を扱うものである、というところに注目し、「ループもの」エロゲーにおいては作中の人間関係だけでなく、そこに関わる「ユーザー」の存在を読み込む必要があるのではないか。そこには、フィクションと積極的に関わるタイプの人間が切実に感じる「孤独」というのがあって、最近のループものエロゲーはそれを取り扱う力を持っているのではないか、みたいなことを書きました。
-----

修正とか入ったのがギリギリすぎて、当日朝、一緒に製本しましょうと言っていたのですが、午前中一緒に店番する予定だったメンバーの一人が体調不良で帰宅……。サークルと全然関係ない私のお友達にお手伝いしていただいて、なんとか間に合わすことができました。ありがとうございました!

正直全然売れると思ってなかったのですが、午前中で完売。サークルメンバーの交友関係の方が買っていってくださったのが殆どですが、中にはその場で手にとって購入してくださるかたもおられて、なんだかんだで自分の書いた文章を手にとってもらえると、嬉しいですねぇ……。

この日は私のお友達の方もたくさんブースを訪れてくださいまして、本当に感謝です。こういう機会にしかお会いできない方にご挨拶できたのもよかったし、いろいろおもしろい話をできたのもよかった。

あと、今回評論島だったので、お隣のブースの方と待ち時間の間、エロゲーの話に花を咲かせることができました。評論系はぶっちゃけ、よほどの人気サークルでもないかぎり午前中ほとんど人が来ないから暇なんですよね(笑)。基本売り切れないし、みんなエロ系とか壁とか回ったあとになるという……。

ちなみに今回お隣だったのは、サークル「おたまじゃくし」さん(『エロゲ探検記 ++』を発行)と、KKK部S氏さん(「エロゲレビューのようなもの2013夏」を発行)。どちらもエロゲー作品を丁寧に詳しくやり、しかもオリジナリティあふれる表現で感想をかいておられました。KKK部さんは「やった人ならわかる」感じの評価文、おたまじゃくしさんはショートストーリーなども含めて、「やりたくなる」タイプの感想で、店番をしながら拝読し、いろいろお話させていただきました。こういう交流があるのはコミケの醍醐味っていう感じがします。


戦利品は、敬愛する氷雨ゲンタ(丹下ゲンタ)先生のサークルの「スケブ」。今回新作がおちてしまったので、スケブを描いてくださるという告知があったので、思い切って突撃してきました。スケブ初体験です。

このテのイベントの達人であるpom師匠が、「スケブは戦争だから、オープン前にはサークルの近くに陣取り、開始の放送と同時に突撃せよ」という指示をくださったので、それに沿って行動。開始5分前くらいに、サークルMaple vanillaさんの前をうろうろします。(立ち止まったり列を形成するとルール違反のため)

ただ、正面の「れいんどっぐ」さん(『Chu Shingura 46+1』のサークルさん)に初手で行こうとしていた人たちが、開始前に殺到。15人前後が列を形成。スタッフに注意されたりしていましたが、場所がもみくちゃになってわけわからん状態に。しかし、なんで「やるな」って言われてるのに並ぶんだろう。ちなみに周辺で見ている限り、並んでたのはここだけでした。1人が並んじゃうと連鎖的に他の人も釣られるから、コンシューマのヒットで余り同人イベントのルールに詳しくない人が来てしまったのかもしれませんが、注意されたらのこうよ……と言いたい。

で、カオスの中でコミケ開始の放送。やべぇ……! と思ったけど4番目くらいに並ぶことができ、無事スケブを描いていただけました!

リムルルスケブ
リムルルを描いていただきました。

絵でわかるかな。『VenusBlood』シリーズの原画の方です。超嬉しい。家宝にします。無料配布されていたおわび本におにかげようじさんが「原画の氷雨ゲンタは触手モノ専門になって久しく……」などと書いておられましたが、ちょっとロリっぽい可愛いキャラが凄く雰囲気でていて良いです。ありがとうございました。

あと、サークル十三妹さんの『日曜日の八百屋』を購入。こちらはTwitterで沙樹さんがたいへんプッシュしておられたこともあり。プレイが楽しみです。

で、午前中で本が売れたので午後から交代予定だった店番要員は帰っちゃうし、回りたいサークルさんもぐるっと回ったし、14時から秋葉原で上原れなさんのバースデーライブがあるし……ということで、13時ごろにビッグサイトから撤退しました。

コミケとは関係ないですが、上原さんのライブでスタッフの人が、「WA2のアニメは、ウチの下川が自分の葬式の曲を作っているかのような気合で音楽を監修しているから」みたいなことを仰っていて、否応なく期待がたかまります。


さて、これで夏コミは終わったのですが、今回わりとべったりpomさんとご一緒させていただいて、「ああ、良い感じでコミケ楽しんでおられるなぁ」と。いや、こんなこと思われてもご迷惑かもしれないんですけど。

というのはpomさん、自分にとっての思い出の作品のアイテムとかを持ってきて、それに関わった作家さんのところにお話に行って(勿論常識をわきまえたうえで)、サインを貰ったりお話をしたりしておられるんですよね。たとえば、初めてやったエロゲーのサントラCDとか。

私なんかは物欲の権化なので、つい「モノ」を集めちゃうんですが、pomさんはなんというか、この人に会いたい、みたいなヒト単位で考えておられるところがある。いや、そりゃモノも大好きでしょうけど。あれ買いそこねたとか、これ欲しいとかおっしゃってるし(笑)。

単なるミーハーならはた迷惑なだけなんですが、ちゃんと物販会場としての側面も考えたうえで邪魔にならないよう配慮して動いておられるし(人が多い時は話しかけない、モノは買う、など)、作家さんご本人が参加するイベントだからこそできる楽しみ方だし、いいなぁと。

私がはじめてコミケに行った時に、「楽しい」と思ったのは、作家さんと参加者が「これ好きなんですよぉ!」とか言いながら話に花を咲かせてるところだったんですよね。「特定の誰かを目指す」というpomさんの姿勢は、それとは少し違うのかもしれませんが、モノを目指さないということと、誰かとの交流を目指しているという部分では同じでしょう。そういう近さというか、交流というかを思い出しました。


あと、三日目は割りと涼しかった。

いや、普通に考えたらクソみたいに暑いんですが、初日が余りに暑かったので、相対的に(笑)。

今回の教訓として、夏コミにあったらいいなというアイテムは……。

・帽子 (日光が体力を削る)
・凍らせたペットボトル (飲むだけじゃなく、冷やすのに)
・タオル複数枚
・替えのTシャツ類 (コミケ会場で買うのもありですかね……)
・匂いを消す類のもの (使用には注意)
※40℃以上の状態が長時間続くとスプレー缶は爆発することがあるそうです。いくら暑いといっても、そんな長時間40℃の環境に置かれることは少ないでしょうが、コスプレなどで荷物を外に放置する可能性がある人は、スプレー缶は気をつけたほうがいいのかもしれません。


くらいでしょうか。メガネの人は、汗がメガネに垂れるのでメガネ拭き必須だと思います。なお、日傘とかは歩いている時にさすと危険(雨傘と同じです)なので、できればやめたほうがいいかも……。すわってる間にさすのは問題ないかもしれませんが、できれば帽子程度で我慢ですかね。

あと、飲料水にコーヒーとかアルコール類のように、利尿作用があるやつはヤバいと思います。脱水症状怖い。

また、「なのは完売」じゃないけど「○○サークルが販売停止になった」みたいなデマがまわって何人かの人が被害にあったそうで。気の毒だとは思いますが、このテのイベント会場でのデマはもはや防ぎようがないので、SNSを使って情報収集している人は「疑う」ことを常に念頭において、周囲の人に聞いたりスタッフに声をかけるようにするのが大事だと思います。少なくとも、「お、販売停止なのか。でも、他のやつには報せないほうがいいよな。ライバル減るし」みたいな感じで他の人を出し抜こうとすると失敗する率が高いのではないかと……。


さて、長くなってきたので、この辺りで。

3日間が終わると、もう夏も終わったなぁという感じですねぇ……(早い)。ともあれ、コミケ戦士の皆さんはお疲れ様でした。成功した方も、残念ながら失敗した方もおられるかとは思いますが、良い思い出にしてまた冬コミや来年のイベントの糧にしたいですね。

そして、また日常に戻って元気にやっていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「C84反省会と拍手コメントへのお返事」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スマホのキーボードを買った話 (2012/08/07)
自由な思考 (2013/08/02)
WA2アンコールライブに落ちました。 (2013/03/09)
コメント

はじめまして、おたまじゃくし編集担当の ならまさ と申します。
私も しょくしゅ大好きです!丹下氏スケブうらやましいです。
遅ればせながら新刊完売おめでとうございます。

OYOYOさんのお名前は時折エロ助の方でお見かけしておりましたので、
C84の3日目で仕事の為不参加だったのが悔やまれます。
新刊拝読しました。上半期オススメ作品はジャンル・価格帯と幅広く網羅されておりとれも参考になりました。長文コーナーも読み物として濃い内容でしたので新刊全体としてバランスが取れている、と感じました。
あと次回(C85)新刊の時はフォントを大きくして頂けると読みやすくなるのでは。。。

おたまじゃくしの編集方針としてはご指摘の通り、ERGプレイヤーの皆様のプレイ済作品というのは大手ブランドの新作や萌えゲーがどうしても多くなると思われるので、なるべく誌面で紹介する作品を未プレイである読者の方にも楽しく読んでもらえたらいいな、と留意してますので「やりたくなる」と感じて頂けるととても嬉しいです。

交流に関して同人誌イベント以外でもサークル同士でERGオフ会みたいな集まりがあると面白いのかな、とは思いました。

では長文失礼しました。

ならまささん江

はじめまして!

コメントありがとうございます。ぼくとしょくしゅ!(握手的な感じで)

丁寧なご挨拶、ありがとうございます。おたまじゃくしさまも、新刊完売おめでとうございました。お目通しもいただいて感激です。過分なお褒めのことばをいただきましたが、当方の誌面は今回、私が急場しのぎで仕上げた記事ばかりで「サークル」として見ると微妙だったなあと反省しております。

『エロゲ探検記 ++』さんと見比べると、同人誌としての体裁を整えるところからきちんとはじめる必要があるよね、とメンバーとも話をしておりました。次回は私も編集にタッチする予定ですので、いろいろ相談などもさせていただければと存じます。

また、2日目には情報系の雑誌も出しておられたということで、そちらは売り切れで買えなかったのですが、残念です。

同人誌以外の場面で、サークル間の交流というのは私も賛成です。日頃あまり無い機会ですし、そのような場を設けることができれば、望外の喜びです。当方は未熟なあつまりですし、いろいろと勉強させていただきたいです。

お互いさらなる高みを目指しつつ、おたまじゃくしさんの更なる発展を祈っております。

本日はごていねいに、あらためてありがとうございました。

お返事ありがとうございます

ご丁寧にどうもです。
装丁に関してはオフセでもコピ本でも表紙や中身(各パート原稿)の執筆・校正とは完全別作業になりますので、装丁の作業時間を予めスケジュールに組み込める余裕があるかに尽きると思います。

オフ会に関して、即断即決が当方の基本でして(その場のノリで行動してるともいいますが)、C84の新刊製作メンバーである程度の人数を召集できる直近の日程ですと9/28(土)になります。ご都合がよろしければいかがでしょうか?
又、10月以降でご都合の良い日程がありましたらお知らせ頂ければ再度調整致します。

ならまささん江

お返事ありがとうございます!

そうですねぇ。装丁の時間を想定できるかどうかに……(おっと、審議が)。

オフ会のご連絡もありがとうございます。当方予定を調整してみますが、こちらの会のメンバーが関西や九州にいるため、大きなイベント前だと集まれる人数が少ないかもしれません。

その辺りについては、おってメールでご連絡させていただこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

わざわざ足をお運びいただきありがとうございました。

それは失礼しました

なるほど、メンバーの皆さんが各地に分散なさっていたのは想定外でした。
となると、最初は気楽に在京組だけで少人数でもいいかもしれませんね。
ご無理して招集かける事はないと思いますので。

当方も気楽に構えておりますので、あまりお気になさらず。




ならまささん江

ありがとうございます!

とりあえずメンバーには声をかけて返事待ちですので、追って連絡いれさせていただきます(。・x・)ゝ。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら