よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/09/01(日) 19:54:28

今日、駅前のスーパーで万引き騒ぎがあったところに居合わせました。

といっても、既に「終わった後」で、詳しい状況はわからないんですが、それを見ていた野次馬の高校生っぽい子たちが、「万引きくらいで大騒ぎしなくても……」みたいなことを言っていたのが印象的。そうかあ、彼らの中では「万引きくらい」になるのか、と。

一般に、お店で商品を盗むことを万引きと言いますが、万引きは刑法235条の窃盗罪にあたる犯罪で、刑罰に「10年以下の懲役か50万円以下の罰金」が課されます。また、窃盗の事実を言い逃れするために誰かを脅したり暴力を振るったりすると、強盗罪(刑法238条、事後強盗罪)に問われることもあるそうです。  (参考:なっとく法律相談「万引きGメンから逃げるとどうなる?」)

つまり、決して軽い罪ではないし、他の重い罪に連鎖的に繋がる可能性もあるわけですが、どうも一般的には「たかが万引き」、「万引き程度」と思われていることが多いですよね。

昔(2009年)、産経新聞に「「店が悪い!」 万引現場に“モンスターペアレント” 」という記事が載ったことがありました。あの時は随分話題になりましたね……。既にWEB版のリンクは消えてしまっているのですが、一部ブログなどで記事の全文が残っています。(こちらなど)

一部抜粋。
-----

「なんで捕まえたんですか。万引に気づいたなら、捕まえる前に諭すべきでしょう」

東京都内の大手書店で店長を務める男性は以前、本をかばんに詰め込んで店を出ようとした男子中学生を呼び止め、保護者に連絡したところ、逆にこう詰め寄られた。

「万引した自分の子供はしかりもせず、『商品を子供が取れるような場所に置いている店の方が悪い』と言ってきた親もいる。万引を犯罪と思っていない節がある」と男性はため息をつく。

NPO法人「全国万引犯罪防止機構」(新宿区)には、複数の小売店から悲鳴が寄せられている。

「万引をした高校生を警察に通報したら、後日、高校生の祖父から『孫が精神的にショックを受けた』と抗議された」

「トレーディングカードを万引した小学生の親に、『いくらですか? 代金を払えばいいんでしょう』と言われた」

同機構の福井昂(こう)事務局長は、「こういった親は『万引はちょっとした出来心でやってしまうもの』という程度の認識しかないから、子供にもきちんと指導ができない。実際には、万引を入り口に、ほかの犯罪に走るケースも多い」と警告する。


-----

こうした傾向は数年経った今でもそう大きく変わっていないようで、最近も「子供の万引きを「警備がしっかりしてないから」と逆ギレする親」という記事が書かれていました。 (参考:SNN、女性セブン2013年6月27日号

こういう「万引き軽視」の風潮は、親の教育とか子どもたちの心理変化とか、店舗店員がバイト化して店と客の心理的な繋がりが薄くなったこととか、いろいろな原因が指摘されていますが、そのなかの1つに、「ことばの軽さ」というのはあるんじゃないかと思います。

ドロボウとか窃盗より、万引きというと何となく大したことない感じがする。だから、ついついやってしまうし、やってもあまり罪悪感がない。実際、そもそも「万引き」で警察に捕まると思っていない中学生とかも、私の知っている中にはそこそこいました。

なんで? って聞くと、「ことばが違うから、別の犯罪だと思ってた」んですと。

万引きということばは、「語源由来辞典」によれば、江戸時代から使われていた由緒あることばで、「商品を間引いて盗むことから、「間引き」が語源」で、そこに撥音の「ん」が入ったのだとか。現代でも定着率が高いので、使わないようにするというのは相当難しいとは思うのですが、なんか軽いイメージが浸透しちゃってるので、重い罪だということを印象づけるような方策が必要じゃないかないでしょうか。

実際、酒気帯び運転とかシートベルト着用も昔は「軽い」感じでしたが(それこそ『サザエさん』でネタになるくらい)、罰則が重たくなってからみんなの意識も変わりましたし。万引きも、取り締まりや刑罰を厳すれば変わるかも。

軽いイメージのまま使われることばが、軽いノリの犯罪を間接的に助長する。そういう可能性に、私達はもう少し敏感になっても良いのではないかと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「「万引き」ということばの軽さ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
コミティア・レポート (2013/10/22)
お酒を呑まなくなった話 (2013/06/03)
間の悪い一日 (2013/08/21)
コメント

「援助交際」「いじめ」「体罰」もそうですね。
特に子供が絡む犯罪に、こういう安直化が見受けられるように思います。コドモノミライガーとかジンケンガーとかいう人達の仕業でしょうかねぇ?

Sweetさん江

コメントありがとうございます。

「援助交際」はもともとが隠語だったこともあってちょっと雰囲気が違う気がしますが(むしろ売春よりイメージわるい感じがする)、いじめとか体罰というのは、暴力性が薄められる感じはありますね。

「万引き」とかは上で書いた通り江戸時代からあったもののようですし、その他の類も子どもの人権論者とは無関係かと思います。私がSweetさんのご意見を汲取れていないだけかもしれませんが、子供の人権をやたら大切にしようとする人は、「言い回し」みたいなところにはこだわらず、そもそも言うの自体がダメって言い切るような……。

ただ、おっしゃるとおり誰かへの配慮はあるのかもしれません。その配慮先が誰なのか、考えてみるのも面白いでしょうか。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら