よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2013/10/07(月) 22:34:24

私の家の固定電話の電話番号、もともとどっかの製造業者かなんかの番号だったようで、しょっちゅう間違い電話がかかってきます。

あんまりにも頻繁で鬱陶しいので常時留守電にしたところ、一ヶ月で20件くらい溜まる。そのほとんどが間違い電話です。とはいえ中に私宛の電話も混ざっていたりするので仕方なく再生して聴いておりますと、面白い「特徴」が見えてきました。

私宛の電話は、ほとんどが客商売のお店(鞄の修理、デパート、服屋など)か仕事先。この場合、留守電にメッセージを吹き込む際に例外なく、「OYOYO様のお宅で間違いなかったでしょうか。わたくし、○○の○○と申しますが……」という感じで担当者のかたは話しはじめます。

つまり、1.相手の確認 2.自分の所属 3.用件 の順番で名乗るわけですね。最後にはもちろん、連絡先も告げて行きます。

ところが、間違い電話をしてくる人はほぼ100%の確率で、最初の「相手の確認」をしません。「私、○○と申すものですが……」で始まります。こういう言い方をすると申し訳ないけれど、「ああ、間違い電話をして当然だろうな」と思う。確認とかしないんでしょう、彼らは。

うちの留守電の受付メッセージは、どう考えても企業のものとは思えないようなもの。苗字を名乗りこそしませんがおちついて聴けばおかしいと感じるはずだし、そうでなくても留守電で間違った相手に無関係なメッセージを吹き込む可能性を考えれば、「相手の確認」をするのが普通です。

そういうのをすっ飛ばしていきなり名乗る、ひどい人になると名乗りすらせず頭から用件からスタートする人もいます。個人ではなく、聞いている限り発注している企業とかが多いのかな。まあ何にしても、基本がなっていない感じ。

留守電にせずに直接受話器をとっていたころは、自分も名乗らず、こちらが誰であるか確認もせずに「○○の○○について聞きたいんだけど……」と一方的に話し始める人もいました。「どちらさまですか?」と訊くと、某理系の大学関係者だったり、大手企業だったり。「こちら個人宅なんですけど……」と言うと、謝りもせずに無言でガチャンと切る。どれだけ偉いんでしょうね。

連絡が上手く行っていないだけなのかもしれないと理解しつつ、気持ち的には「そんな程度の常識も無いから、電話番号が変わってることに気づかないんですよ」と言ってやりたい。自分に無関係なメッセージを延々聞き続けるのは、正直骨が折れます。

また、電話はまだしも、間違えて届く発注のFAXとかはいちいち連絡してシュレッダーにかけるのホント面倒。もとの電話番号を持ってた企業には連絡したんですけど、結局「連絡が密にとれない相手」だからこうなってるわけで、根本的な解決は無理と言われてしまいました。

電話番号変えるのも面倒だし、しかたがないのでうちの留守録には人間観察のサンプルデータが自動で溜まっていくのだと思うようにして、心を慰めております。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「間違い電話のありがちな特徴」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
明石焼きを食べてきた話 (2012/08/08)
ボタンを付けてみようと思ったけれど (2012/03/21)
コミティア・レポート (2013/10/22)
コメント

僕の電話には半年に一回くらい、気の荒そうなおっさんの
「ねぇ、お宅に発注したてっこう(鉄鋼?)がまだ届いてないんだけど! そういうの困るんだよねぇ! こっちはさ、時間が勝負なの。わかってんのかなぁ(怒)」(ガチャ)

っていうような留守電が入ってます……。
折り返し電話して、間違いを教えてあげた方がいいのかな?と思いつつ、絶賛放置中です。

feeさん江

コメントありがとうございます。

意外とどこでもあるんですね……(笑)。しかし、鉄鋼とはまた剛毅な。半年も来なかったら作業はかどりそうにないんですけど、大丈夫なのか心配になります。

とか言いつつ私も折り返し電話はほとんどしませんが。注文書のFAXだけは、なんか色々やばそうなデータとかもあるので連絡するようにしています。これで会社潰れて何人かが路頭に迷うとかになったら洒落にならんとか考えてしまうと。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら