よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/04/24(火) 20:08:03

たまには時事ネタもありだろうと言うことで、本日はコレ。多くのGoogleユーザーは気づいたでしょうか。4月24日にあわせてGoogleのトップがまた変わっていました。今回は、ファスナーでひらくタイプ。

google042401
これがデフォルト。このファスナーをクリックすると……。

google042402
うぃいぃんとひらいて、中から検索結果が! いつものことながら手が込んでいます。

相変わらず面白いですね。形状から容易に想像が付きますが、どうやら線状ファスナーの生みの親、ギデオン・サンドバックさんの誕生日だった模様。1880年生まれらしいので、生きていたら今年で132歳。

「生みの親」と書きましたが、正確には「改良を加えた」人のようです。世界の発明家に関するこちらのサイト(英語)によれば、ファスナー(ジッパー)の発明者は、Whitcomb Judson(ウィットコム=ジャドソン)。彼の発明した「Clasp Locker」と呼ばれるカギ状のファスナーはしかし、非常に複雑で、あまり実用的ではなかったようです。

これに改良を加えて、現在流通しているような線状ファスナーを開発したのが、サンドバック。ユニバーサルファスナー社で開発に着手したのだそうです。私はファスナー大好きで、マジックテープの次くらいに身の回りのものにファスナー付き製品が多い人間なので、なるほど彼がいなければいまのような生活は無かったのかと思うと、感慨深いものがあります。「ジョジョ」もファスナーがなかったら違う展開になっていたかもしれない!

しかしファスナーといえば、とにかく壊れやすいのが玉に瑕なので、是非誰か壊れにくい新型を開発してください……。切実にお願いします。

てなわけで、本日はGoogle先生に教えて貰ったお話でした。それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「相変わらずGoogle先生がすごい話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ネットの報道についていろいろ (2013/11/06)
4月1日 (2012/04/01)
紹介:エルフの女騎士「くっ・・・人間どもに捕まってしまった・・・」 (2012/02/06)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら