よい子わるい子ふつうの子

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2012/10/20(土) 16:56:52

今月はキャララに参加出来なかった……。「あえて無視」の予約券持っていたのに、残念です。というわけで、全然別の話題。

カタークナイト

まだ発売されてもいないのに各所で話題沸騰の怪作DVD、『カタークナイト ライジング』。勘違いされてはいけないので大きな声で念を押しておきますが、AVです

エロゲーの場合はネーミングセンスがどうのこうのという話になりましたが、この手の洋モノAV業界はまたちょっと毛色が違っていて、いかに素早く、下品になりきらない程度に下ネタで、しょうもなく、それでいて思わず「うめえ」と思ってしまうようなタイトルをつけるかに心血を注いでいる感がある。

『床ジョーズ』とか『アーンイヤーンマン』とか、もう思い出すだけで噴飯レベルなんですけど、これも良いですね。話題作を遠慮会釈なくかっぱらっていく大胆さ。「前戯が終わる。そして挿入へ…」とか、キャッチコピーもうまい。脱帽です。たぶん観ませんけど。

ここまでくるとやっぱりもう、完成された様式美という感じがする。方向性は違えど、こういうスタイリッシュなエロゲーがあっても楽しいだろうな。

購入を検討したい方の為に、一応amazon先生へのリンクを貼っておきます。

それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「AV業界のフットワーク」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
星新一の未発表作品の話 (2013/08/01)
やはり日本の政党ラブコメは間違っている (2012/11/18)
修羅の国 (2013/07/06)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら